『DESTINY 鎌倉ものがたり』:『西遊記』のような黄泉の国にビックリ @試写会

画像

11月は、ことし前半にロードショウされた映画のDVD鑑賞月の様相になってしまいましたが、ようやく新作。
お正月公開の『DESTINY 鎌倉ものがたり』をひと足早く試写会で鑑賞しました。
さて、映画。

いつの時代かよくわからない鎌倉。
そこは、幽霊やもののけなどが普通に暮らす町。
若い新妻・亜紀子(高畑充希)と結婚した初老の小説家・一色正和(堺雅人)は、しばしば鎌倉警察の不可思議事件の調査協力をしている。
そんなある日、亜紀子がもののけによって、身体を奪われ、魂だけの存在になってしまう。
しばらくは正和の生命力を得て生きながらえていたものの、本格的に死神によって黄泉の国に連れ去られてしまう。
正和は亜紀子を取り戻そうと黄泉の国に赴く・・・

というハナシなのだが、とにかく本筋に入るまでが長い長い長い長い。

正和が黄泉の国へ行くのは終盤30分ぐらい。
それまでは、状況説明を兼ねたちょっとエピソードが綴られていくが、正和付の編集者がこの世の名残り惜しさにもののけに変身しちゃうエピソードなどは不要じゃありますまいか。

また、現世がいつの時代かよくわからず、昭和の雰囲気だけはあるのだけれど、そここことなく、現代的なものも登場して興を殺がれてしまう。
特に、冒頭の江の島を背景にオールドスタイルの自動車が走っていくシーンで、道路がえんじ色のツートンカラーに塗られていているのでガックリきてしまった。
CGは、もっと雰囲気をつくってほしいよなぁ、と。

黄泉の国の造形もなんだか、むかしテレビで放映していた『西遊記』みたいで、ちょっと困惑しちゃいました。

評価は★★☆(2つ半)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:96本
 外国映画72本(うちDVDなど22本)
 日本映画24本(うちDVDなど 3本)←カウントアップ

旧作:2017年以前の作品:62本
 外国映画54本(うち劇場鑑賞13本)
 日本映画 8本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック