『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』:不満もあるが、圧巻のストップモーション @ロードショウ・シネコン

画像

米国産ストップモーション・アニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』、ロードショウで鑑賞しました。
公開1週目に観ていたのですが、なんやかんやでレビューアップが遅れました。
さて、映画。

いつの時代かよくわからないサムライ・ニッポン。
乳飲み児の頃に、母とともに、祖父のもとから命からがら逃げ出して育った少年クボ。
三味線を音色で折り紙を自在に操る能力を持ち、大道芸で糊口をしのいでいる。
そんなある日、ふたりの刺客に見つかり、母はクボを助けるために命を落としてしまう。
クボは自らの出自と親の敵を討つために旅に出る・・・

といったところから始まる物語で、なんといっても見どころは圧巻のストップモーションアニメ。

特に素晴らしいのが前半、往来での大道芸のシーン。
たくさんの観客が見守る中で、武者やもののけの姿をした折り紙が、三味線の音色とともに縦横無尽に活躍する。
見応え充分、期待度最大。

だが、物語が進むとヴォルテージは落ち着いてしまう。
クボを従い、彼を守るふたり(といっても、サルとクワガタ武者なのだが)とのやり取りが、米国的なボケ・ツッコミのテンポなので、少々こちらのリズムを壊されてしまう感じ。
また、旅の目的のひとつに三種類の武具を揃えることがあるのだが、この趣向はあまりストーリーに(特にクライマックスに)活かされていないかも。

圧巻のストップモーションアニメであるが、背景にCG処理が施されているので、全体的に画面内の密度が高く、肩が凝ってしまう。

といくつか不満もあるのだが、昂奮しながら愉しめました。

同製作スタジオの前作『コララインとボタンの魔女』『パラノーマン ブライス・ホローの謎』を見逃しているので、この機会にレンタルして観てみようかしらん。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:97本
 外国映画73本(うちDVDなど22本)←カウントアップ
 日本映画24本(うちDVDなど 3本)

旧作:2017年以前の作品:62本
 外国映画54本(うち劇場鑑賞13本)
 日本映画 8本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2018年03月29日 16:58
なんかね、無理やり日本を出そうとしている感がして、思ったより愉しめませんでした。日本である必要性がないというか。多分、CG処理が多かったためかもしれませんが。
りゃんひさ
2018年03月30日 00:24
ぷ~太郎さん、コメントありがとうございました。
無理やりなジャパニーズテイストには、やはり抵抗がありますね。

この記事へのトラックバック