『死霊館 エンフィールド事件』:尺がのびた分、まだるっこしくなったかも @DVD・レンタル

画像

ビデオの日キャンペーン利用の旧作DVD鑑賞3作目は、2016年7月ロードショウの『死霊館 エンフィールド事件』。
心霊研究家ウォーレン夫妻の実話に基づくシリーズ第2弾。
前作『死霊館』は70年代の雰囲気を思い出すことができた、なかなかの佳作でした。
さて、映画。

1977年の英国エンフィールドに4人の子どもと暮らすシングルマザー・ペギー・ホジソン(フランシス・オコナー)。
次女のジャネットが、以前住んでいた老人の霊に取りつかれてしまい、家には不気味な現象が多発していた。
現地では、真偽論争が起こり、米国の心霊研究家ウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソンヴェラ・ファーミガ)は、真偽を確かめるべく現地に赴いた・・・

というところから始まる物語だが、映画冒頭では1974年にウォーレン夫妻が調査に携わったアミティビル事件でのエピソードが少し描かれる。

アミティビル事件・・・
前作『死霊館』の最後のちらりと語られ、映画『悪魔の棲む家』として1979年2005年に映画化された事件。

今回の事件とは直接の関係はないが、憑りつかれたひとたちに寄り添うウォーレン夫妻の立ち位置を明確にするのに役立っている。

事件は、老人の霊に憑りつかれているのか、それとも偽装なのか、とサスペンスフルに進みながら、最終的には別のところに決着する。

まぁ、心霊現象はなにも霊によるものだけとは限らないが、霊を操る悪魔というのは、ミステリーの謎解きとしては面白いが、実際の事件としては、なんだか小賢しくて矮小な感じ。
どちらかというと、拍子抜けの感も。

前作の112分から134分へと尺を長くして心理描写などに費やしているが、少々まだるっこしくなったと思います。

事件を偽物と疑う研究者役で『ラン・ローラ・ラン』のフランカ・ポテンテが出演しているが、太ってしまって誰だかわかりませんでした。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:97本
 外国映画73本(うちDVDなど22本)
 日本映画24本(うちDVDなど 3本)

旧作:2017年以前の作品:66本
 外国映画58本(うち劇場鑑賞13本)←カウントアップ
 日本映画 8本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かばくん
2018年03月29日 16:49
さすがのオカルト好きのりゃんひささんも、拍子抜けとは、ま、DVDでも観ることはないですな。

この記事へのトラックバック