『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』:第1部 7人のルーザークラブ篇 @ロードショウ・シネ

画像

11月に公開されて以来、ずっと興行ランキングの上位を占めている『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、ようやくロードショウで鑑賞しました。
スティーヴン・キングの原作小説(文庫で4冊のボリューム!)も単行本で読んでおり、1990年につくられたテレビムーヴィ版も鑑賞しています。
なので、ストーリーは熟知している・・・
はずだったけれど、そもそも「子ども篇」と「中年篇」に分かれているのを忘れているというありさま。
ま、その分、十二分に愉しめましたけれど。
さて、映画。

1988年の米国の田舎町デリー。
町では子供が行方不明になるという事件が相次いでいた。
そんな土砂降りのある日、吃音で内気な少年ビルの弟ジョージーも黄色いレインコートを着たまま、姿を消してしまった。
排水溝口に血痕を残して・・・
そして、ビルの仲間たちも次第に、超常的な恐怖体験をするようになっていた・・・

というところから始まる物語で、その後、ビルは、ベバリーという女の子ひとりを含むいじめられっ子仲間6人と、未知の恐怖に立ち向かっていく・・・と展開していきます。

スティーヴン・キング原作の映画化作品では『スタンド・バイ・ミー』に近い雰囲気で、恐怖描写はメリハリが効いていて、すこぶる怖い。

特に怖いのが、ピエロ姿のペニーワイズ。
1990年のテレビムーヴィ版ではティム・カリーが演じていたが、その時はそれほど怖い雰囲気ではなかった。
中年に差し掛かったティム・カリーが、白塗りの顔の下にどことなく疲れた感じを持っていたからだろうか。

それに対して今回は、ビル・スカルスガルト
25~6歳ぐらいと若く、生気溢れるコワさとでもいうのか、あちら側でビンビンにやってまっせ的で、ホントこわい。

自称ルーザークラブ(負け犬クラブ)の7人の子どもたちもキャラクターがはっきりしていて、紅一点ベバリー役のソフィア・リリスは大きくなったらエイミー・アダムスになりそうな感じ。
彼女をはさんで三角関係になるビルと太っちょ君もいい感じ。
メガネくんは、『スタンド・バイ・ミー』のコリー・ハイムか、『ザ・フライ』のジェフ・ゴールドブラムといったところか。

なお、物語は原作の1958年から1988年に移行されているが、第2部の「中年篇」を現代の設定にすることからだろう。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

<追記>
この映画を観る少し前から、同じくスティーヴン・キングの『11/22/63』を読み始めていたのだけれど、映画鑑賞後に続きを読んでいたら、ベバリーとメガネくんが『11/22/63』に登場してきてビックリ。
『11/22/63』の主人公がタイムトラベルした先が、58年のデリーの町でした。
奇妙なシンクロニシティに、不思議を感じました。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:100本
 外国映画74本(うちDVDなど22本)←カウントアップ
 日本映画26本(うちDVDなど 3本)

旧作:2017年以前の作品:67本
 外国映画59本(うち劇場鑑賞13本)
 日本映画 8本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック