キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『のみとり侍』 :サラーリマン専科 by 江戸の蚤とり @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2018/05/28 15:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

画像

阿部寛主演最新作『のみとり侍』、ロードショウで鑑賞しました。
映画のタイトル表記は「蚤とり侍」と漢字なのだけれど、どのWeb媒体でも「のみ」は平仮名なので、ここでもそのように表記します。
さて、映画。

江戸時代、十代将軍・徳川家治の頃のハナシ。
世はおしなべて規制緩和の時代。
それは老中・田沼意次が推し進めてのこと。
長岡藩勘定方の小林寛之進(阿部寛)は、殿様の歌詠みの席で叱責され、左遷させられる。
それは、彼が藩の汚職に気づいていたからなのだが、それはさておき、寛之進の左遷先は「猫の蚤とり」。
とはいえ、それすら表向きの、春をひさぐ男稼業だった・・・

といったところから始まる物語で、前半の展開はかなり面白い。

勘定方といえば、会社組織でいえば総務・財務の役割で、寛之進はそこのエリート。
けれど、不正を知って、内部告発をしようかどうしようかのところで、身分制度外の身分にならざるを得なくなってしまう。
でも、根が真面目な彼は、春をひさぐ稼業であっても殿の命令ならば・・・と身を粉にして取り組んでいく。
そして、その最中で、亡き妻にそっくりな女(寺島しのぶ)と出逢い、コトを「ヘタクソ」と罵られてしまう・・・

って、可哀想なハナシ。

そんなハナシならば、藩がどうとかこうとかなんてさておき、どうすれば、亡き妻にそっくりな女を喜ばせ、歓喜滂沱の境地に達せられるか・・・と展開すれば面白い。
そして、それを指南するのが、年の離れた女房を持った大店の主人(豊川悦司)というのだから、まぁ、落語的な内容。

なんだけれど、中盤からそんな艶笑噺からどんどん脱線してしまう。

ここから先は書かないことにするが(なにせツマラナイ)、男と女の対等なエロティックな関係を他所に、結局、幕の世直し、体制に組み込まれてしまい、それを良しとするハナシはいかがなものか。

なかが殿様、藩体制、その上、のみとり稼業で俸禄が出ているなんてことはない。
そんなものに頼ってどうする、拠り所にしてどうする(だって、無給だぞ)・・・と思ってしまう後半。

昔の映画なら、こうはなるまい。
ビリー・ワイルダー監督なら、絶対、ならない。

なんて、観終わってしばらくしてから思いました。
ま、観ているうちは、それなりにおもしろいのだけれど、ね。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:32本
 外国映画25本(うちDVDなど 1本)
 日本映画 7本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ

旧作:2018年以前の作品:25本
 外国映画20本(うち劇場鑑賞 2本)
 日本映画 5本(うち劇場鑑賞 1本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「蚤とり侍」
役者は良かった。ただし、54分民放テレビドラマなら。この作品は1時間半も引っ張る話ではない。っていうか、エロシーン長過ぎ。あそこを纏めれば少しは中ダレしなかったのかな、と思う。「こんな時代劇が観たかった!」と煽られても、「え〜…別に〜」という感じなのだ。役者はみんなそれぞれの役どころに上手く落とし込まれていて、キャスティングは秀逸だった。斎藤工は美味しい役だった。昔ならあの役は西島秀俊が演じたのではないかと思う。阿部寛は、と言えば…。悪くないんだけど、「テルマエロマエ」の立ち位置や言い回しとどう... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/05/28 19:09
のみとり侍
老中・田沼意次の規制緩和により、金になるなら大抵のことが許された江戸の世。 越後長岡藩の勘定方(会計係)として出世街道を邁進していた小林寛之進は、藩主・忠精の逆鱗に触れ左遷されてしまう。 その左遷先は江戸の貧乏長屋で、仕事は猫の“蚤(のみ)とり”。 しかし、実は女性に“愛”をご奉仕する裏稼業だった…。 時代劇。 ...続きを見る
象のロケット
2018/06/02 16:34
のみとり侍
小松重男の同名小説を「後妻業の女」の鶴橋康夫監督が、阿部寛を主演に迎えて映画化した作品だ。これは色っぽい喜劇で、寺島しのぶと前田敦子の熱演ぶりが際立っている。とくに寺島しのぶはすごい脱ぎっぷりだった。まじめすぎるある藩の武士が藩主の逆鱗に触れてのみとり家 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2018/09/06 23:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
残念ながら今一つな作品でした。
役者さんたちは皆さんとても良かったのですが。闇雲に当時の政治的な世相と絡めて落そうとしたところに無理があったような気がします。
ここなつ
2018/05/29 12:24
キャスティングがよかっただけに、落胆も大きい作品ですね。全くダメなわけはないのだけれど、話の展開がまっとうというか、無難というか・・・。もっとはちゃめちゃな面白さを期待していたので残念。
ぷ〜太郎
2018/07/30 15:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
『のみとり侍』 :サラーリマン専科 by 江戸の蚤とり @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる