『ジェシカ/超次元からの侵略』: ウェス・クレイヴン監督の見どころのないTVM @DVD

画像

買い置きDVD鑑賞の3本目です。
タイトルは『ジェシカ/超次元からの侵略』、1984年製作のテレビムーヴィです。
購入動機は、やはり監督。
『エルム街の悪夢』のウェス・クレイヴン
『エルム街』と同年の製作です。
さて、映画。

米国の小さな街に引っ越してきたマット(ロバート・ユーリック)とパット(ジョアンナ・キャシディ)のウィンスロー夫妻。
マットは科学技術者で、宇宙服に装備するセンサーの開発に携わっている。
さて、その街には社交クラブがあり、街の名士はみなクラブの会員で、ウィンスロー夫妻もクラブに勧誘されるが、どことなく胡散臭く感じたマットは入会を固辞していた・・・

というところから始まる物語は、『SF/ボディ・スナッチャー』などの侵略ものの変型のようにもみえるが、原題「INVITATION TO HELL」と結末近くの描写からみると、『ローズマリーの赤ちゃん』系のオカルトホラーの変型でしょう。

脚本が間延びしているので、どんなにがんばって演出してもサスペンスは盛り上がらない上に、ウェス・クレイヴンがサスペンスを盛り上げる努力もしていない。

評価は★☆(1つ半)としておきます。
画像

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:52本
 外国映画43本(うちDVDなど 1本)
 日本映画 9本(うちDVDなど 0本)

旧作:2018年以前の作品:55本
 外国映画48本(うち劇場鑑賞 9本)←カウントアップ
 日本映画 7本(うち劇場鑑賞 1本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック