キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』: ボーンヘッドの連続 @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2018/08/29 09:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

画像

劇場鑑賞のスパイ映画2本目は現在ロードショウ中の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』。
さて、映画。

米国スパイ機関IMFのイーサン・ハント(トム・クルーズ)。
今回の任務は、3個のプルトニウム・カプセルを取り戻すこと。
ベルリンでの取引に臨むが、任務は失敗し・・・

というところから始まる物語で、とにかく前半、イーサン側の失策が目立ち、ちょっと確認すれば危機に陥らないのに・・・と思ってしまい、あまり愉しめない。

ラークと呼ばれるテロ組織の大物が、実は内部にいるのではないか・・・という疑惑が出、その正体が明らかになってから少々面白くなってくるのけれど、それはアクションの連続によるもので、ここでもラークを追跡するシーンなど、ラークとイーサンの仕込まれた発信器を追尾しているベンジー(サイモン・ペッグ)が、「おー、3Dでなく、2Dで見ていた!」とかのボーンヘッドなど失笑もの。
これって、2Dで観るな、3Dの高い料金を払って観ろよ!という製作者側のブラックジョークなのか?

終盤のタイムリミット・サスペンスも、アクションの連続、カットバック演出にかかわらず、間延びしてしまっている。

トム・クルーズは、今回も身体を張っているが、シリーズ中、もっともツマラナかったです。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:54本
 外国映画45本(うちDVDなど 1本)←カウントアップ
 日本映画 9本(うちDVDなど 0本)

旧作:2018年以前の作品:55本
 外国映画48本(うち劇場鑑賞 9本)
 日本映画 7本(うち劇場鑑賞 1本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミッション:インポッシブル フォールアウト
IMFのエージェント“イーサン・ハント”と彼のチームが回収しようとしていた3つのプルトニウムが、何者かに奪われてしまう。 “同時核爆発を未然に防がねばならないが、敵は正体不明。 更に、イーサンを疑うCIAは敏腕エージェントのウォーカーを監視役として同行させる。 手掛かりは“ジョン・ラーク”という男と“ホワイト・ウィドウ”と名乗る女の存在だった…。 人気スパイアクション第6弾。 ...続きを見る
象のロケット
2018/09/05 00:26
「ミッション:インポッシブル フォールアウト」
これを面白くないと言う人がいるのだろうか?それ位面白かった。近年の「ミッション:インポッシブル」は何となく「007」的な方向に向いているような気がしていたのだけれど、これは原点に帰ったというか、単純にミッションを遂行するという点で優れていたように思う。まあ、ストーリーが単純化したのが良かったんじゃないかな。とはいえ、ただただシンプルな勧善懲悪モノのお話なはずがない。そして旧作へのオマージュに溢れている。「ミッション:インポッシブル」ファンこそ観るべき作品であり、だが一方で「ミッション:インポッシ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/09/12 12:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば書き忘れていました。
日本語タイトル訳は『不可能指令:落ちたら痛い!』。
トム・クルーズ、さぞかし痛かったでしょうね。
りゃんひさ
2018/09/12 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』: ボーンヘッドの連続 @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる