『はじまりの街』: 『幸せのバランス』の監督にしては優しいね @DVD・レンタル

画像

さて・・・といっても何だか、なのだけれど、1998年製作『もうひとつの世界』に続いて、イタリアの女優マルゲリータ・ブイの作品。
映画は昨秋ロードショウの『はじまりの街』。
2016年製作なので、おおよそ20年といったところで、いやぁお気に入り女優マルゲリータ・ブイも歳を経たもので・・・。
さて、映画。

ローマで暮らしていたアンナ(マルゲリータ・ブイ)は、息子ヴァレリオ(アンドレア・ピットリーノ)ともに北部トリノの街に逃げてくる。
頼った先はカルラ(ヴァレリア・ゴリノ)のもと。
女優のカルラの住まいは狭く、息子ヴァレリオは新しく通う学校に馴染めない。
新居探そうにも、もういい歳のアンナにはこれといった就職口はなく・・・

というところから始まる物語で、ちょっとしたことからホームレスになってしまう中年男性を描いた『幸せのバランス』のイヴァーノ・デ・マッテオ監督としては似たような題材。

だけれども、視点が少々あやふやで、最終的には息子ヴァレリオのもとに収斂していくが、途中描かれる母親アンナの窮状もそこそこ、はた迷惑(だろうと思うのだが、そうでもない)友人カルラの様子もそこそこで、(日本タイトルが示すような、ちょっと安易と感じる)結末からも底が浅いなぁ、と感じました。

見どころは、秋のトリノの街かしらん。
ちょっと、訪れたいと思いました。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:60本
 外国映画49本(うちDVDなど 2本)
 日本映画11本(うちDVDなど 0本)

旧作:2018年以前の作品:60本
 外国映画53本(うち劇場鑑賞12本)←カウントアップ
 日本映画 7本(うち劇場鑑賞 1本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2018年11月27日 16:03
そうですね、ちょっとがっかりだった作品です。もっとそれぞれの人生、想いを掘り下げて描いてほしかったですね。せっかく演技達者な女優さんを配置しているのですから。
2018年11月27日 21:35
ぷ~太郎さん、掘り下げが低いのですが、特に息子の掘り下げが浅いです。監督が、息子の心情を真摯に受け止めていないように思えました。

この記事へのトラックバック

  • はじまりの街

    Excerpt: 夫のDV(パートナーへの暴力)から逃れるため、アンナは13歳の息子ヴァレリオを連れて、イタリア・ローマの家を出た。 しばらくの間、北イタリア・トリノに住む独身の親友カルラの家に居候し、仕事を探すことに.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-10-09 02:48