『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』: 見どころは榮倉奈々の扮装・・・ @DVD・レンタル

画像

11月に入っても、ありゃりゃぁって感じで、DVD落穂ひろい鑑賞。
うーむ、新作劇場映画に食指が動く日がくるのかしらん・・・
今回鑑賞した作品は『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』。
って「。」が妙に続いてしまうタイトル・・・こういうのって、あまり・・・
さて、映画。

バツイチの会社員・加賀美じゅん(安田顕)。
再婚した妻ちえ(榮倉奈々)は年下。
以前の結婚が3年目に破局したことから、「3年目には結婚生活を続けるかどうかを見直そう」と伝えていた。
そんなある日、家に帰ると妻が刺殺されていた・・・
って、それはフリ・・・

といったところから始まる物語で、食いつき部分は面白いのだけれど、そこからほとんど発展しない物語は、あまりにもツマラナイ。
後半、ちえがそんなことをし始めた経緯がわかるのだが、映画的には、これが前半の見せ場で、その後の夫婦がどうなるかを描かないとは、あまりにお粗末。

現在進行形のコミックエッセイが原作なので、もとの話から逸脱できない制約はあるのだろうが・・・に、してもである。

尺も2時間近く、榮倉奈々の扮装がなくなる後半は、残寝ながら寝落ちしそうでした。

評価は★★(2つ)です。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:70本
 外国映画55本(うちDVDなど 5本)
 日本映画145本(うちDVDなど 2本)←カウントアップ

旧作:2018年以前の作品:67本
 外国映画59本(うち劇場鑑賞14本)
 日本映画 8本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2018年11月19日 15:37
ごもっとも。面白そうなので愉しみにしていた作人でしたが、話があまりにもお粗末で・・・。いくらでも膨らませ方があるはずなのに、膨らまないまましぼんでしまいました。ひどいなあ・・。
2018年11月19日 21:57
ぷ~太郎さん、コメントありがとうございます。
個人的には、今年観た作品の中でガッカリ度最大級でした。

この記事へのトラックバック

  • 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

    Excerpt: 会社員の夫じゅんが仕事を終えて帰宅すると、妻ちえが口から血を流して倒れていた! 動転するじゅんだったが、実は死んだふりをしていただけ。 そしてその“ふり”は、次第にエスカレートしてゆく。 最初は呆れて.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-11-08 00:11