『人魚の眠る家』: 問題提起を含んだエンタテインメント作品 @ロードショウ・シネコン

画像

堤幸彦監督最新作『人魚の眠る家』、ロードショウで鑑賞しました。
原作は東野圭吾
長編小説のほとんどが映画化・ドラマ化されているのではないかしらん、と思うほど映画・ドラマとの親和性は高いですね。
さて、映画。

ふたりの子を持つ播磨薫子(篠原涼子)。
夫の和昌(西島秀俊)は、ロボット技術を推進している会社の社長であるが、現在は別居中。
下の娘を小学校お受験を間近にしたある日、その娘・瑞穂(稲垣来泉)がプールで溺れる事故に遭ってしまう。
瑞穂は一命は取り留めたものの、ほとんど脳死状態。
医師の最終判断・宣告を待つばかりの状態。
しかし、薫子は「臓器提供を前提とした」脳死判定の行為そのものを受け入れることができない・・・

といったところからはじまる物語で、ひとの死とは何か、ましてやこれまでの人生途の少ない子どものそれをどう受け容れるべきか、という重い主題が横たわった映画。

なのだが、率直なところ、主題に真摯に向き合うよりも、観客の心情を動かし、感動させればよし、的な感じで作られているように感じて、冒頭から引き気味でした。

タイトル前の短いエピソード。
ノッケから仰々しい音楽で、ちょっと・・・。

幼い娘の瀕死の状態を受け容れるかどうか、ここいらあたりの中盤はかなり興味深く、映画的にも、社会派と(こういうと顰蹙かもしれないが)フランケンシュタインのモンスター映画的な側面があり、かなり興味深い。

そもそも、子どもの脳死というものがどういうものかわからない、というところから始まっているので、通常ならば自発呼吸もなく、延命措置をせねば心臓死に至るということがあらかじめ説明され、それでも一縷の望みをもって親はその子をの延命を願うのもわかる。
さらに(自発的でないにしろ)人工呼吸機が外れ、肉体的に成長することが可能ならば、それを「長期脳死」という言葉で受け容れ難いこともわかる。

なので、この中盤がすこぶる興味深い。

なのだけれど、終盤、過剰なほどのエンタテインメント(といっては語弊があるのかもしれないが)的な感動強要演出の修羅場・愁嘆場が登場し、ガッカリしました。
演出が過剰な上、そこで娘の事故の顛末が明かされる・・・って、事故の顛末、不要。
ただの事故でいいじゃない。やりすぎ・過剰すぎるよ。

この終盤の過剰演出が過剰すぎて、後半は、まるどエピローグの羅列にみえてしまうのは、映画としての主題を見失っている感もありました。

以下、個人的な蛇足感想。

娘を殺す、殺さない=娘が生きている、生きていないという、オン・オフ的発想には共感できない。
娘を傷つけ→傷害罪に問われる、問われないという方が、現実解的。切羽詰まっても、それまで大切に思ってきた娘を殺す(という意思)というのは、あまりにも身勝手過ぎて共感できなかったです。

とはいえ、少なからず(かなり大きい)問題提起を含んだエンタテインメント作品なので、まずますの評価はしたいです。

評価は★★★☆(3つ半)です。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:77本
 外国映画61本(うちDVDなど 8本)
 日本映画16本(うちDVDなど 2本)←カウントアップ

旧作:2018年以前の作品:72本
 外国映画63本(うち劇場鑑賞15本)
 日本映画 9本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2018年11月30日 15:05
まあ、冷静に見ればりゃんひささんの意見もごもっともですが、実際脳死の子供をかかえている親からしたら、ギリギリのところで毎日生きているわけで、百かゼロかの気持ちにもなるかと思いますよ。傷つけるよりもいっそ殺すという方が世話している母親の気持ちには近いかと・・・。一方実際の世話をしていない父親からすれば、社会と繋がっている分それなりに冷静ですから、ただ筋肉的に微笑む娘を見てギョッとするのは当然です。これは私も気持ち悪かったですし。まあ、映画ですから盛り上げ要素も満載にならざるをえないですし、仕方なかったかと思います。
2018年11月30日 20:39
ぷ~太郎さん、これもまた全く同感です。
が、映画として一歩引いたところもほしかったところ、という映画でした。
ここなつ
2018年12月11日 12:53
こんにちは。
重たいテーマでした。
でもこういう重たいテーマを、映画という娯楽作品で世に問うことは決して悪いことではないように思いました。
2018年12月11日 23:35
ここなつさん
コメント&TBありがとうございました。
この映画、おっしゃる意味での評価はしています。
ただ、エンタテインメントに流れ過ぎているので、そこいらあたり、うまく出来ていれば「もっとよかったのに・・・」の意でした。

この記事へのトラックバック

  • 人魚の眠る家

    Excerpt: 2人の子を持つ妻・播磨薫子(はりまかおるこ)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(かずまさ)は、娘の小学校受験が終わったら離婚する約束をしていた。 だが、娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明にな.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-11-25 23:29
  • 「人魚の眠る家」

    Excerpt: 冒頭から私は複雑な気持ちだった。観るんじゃなかった…という後悔のような。いやもうそんなことわかっているじゃん?幼い姉弟がはしゃいでいる幸せな家庭風景はフラグ以外の何物でもない。それにそもそもそういう話.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2018-12-11 12:45