『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』:嫌味なく、そこそこ愉しめる続編 @DVD・レンタル

画像

年末も押しつまってきましたが、落穂ひろい的DVD鑑賞です。
映画は『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』。
前作が2008年製作だから、10年ぶりの続編ですね。
さて、映画。

エーゲ海に浮かぶギリシアの島。
ソフィ(アマンダ・セイフライド)は母ドナ(メリル・ストリープ)と念願だったホテルオープンにこぎつけた。
が、ドナは1年前に亡くなっている・・・

というところから始まる物語で、のっけから「えええ! メリル・ストリープ、出ないの?」でした。

監督は『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』のオル・パーカー
前作監督のフィリダ・ロイドは製作総指揮にまわっています。

ストーリーは、その後、オープニングパーティのあれやこれやと並行して、ドナの若い頃(リリー・ジェームズ)のロマンスが綴られるという趣向で、実質的な主役は若い頃のドナ。
3人の父親とのロマンスが描かれ、まぁ、ストーリー的には嫌味はないが、それほど面白いというほどではない。
が、リリー・ジェームズの嫌味のなさがよく、飽きずに観れます。

見どころは、やはりミュージカルシーンで、今回はABBAの楽曲はやや小粒になった感があるものの、それがかえって映画のために用意されたかのようにうまくはまっていました。

最後に登場する大物シェール、さらに最後の最後にメリル・ストリープ、出演者全員のカーテンコールと、このクライマックスはかなり楽しかったです。

にしても、シェールとメリルは実際には3歳しか年齢が違わず、母娘ってどうなの?
3人の父親、肥ってかなり見苦しくなって・・・悲。

評価は★★★(3つ)です。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:84本
 外国映画68本(うちDVDなど 9本)←カウントアップ
 日本映画16本(うちDVDなど 2本)

旧作:2018年以前の作品:83本
 外国映画72本(うち劇場鑑賞18本)
 日本映画11本(うち劇場鑑賞 4本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー

    Excerpt: 「ママと(パパたち)の出会いは?」と訊ねるソフィ。 …青春時代、スーツケースを持って世界へと飛び出すドナ。 そこで出会う三賢人、サム、ビル、ハリー。 この出会いからすべてが始まり、今へ、そして未来へ繋.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-12-29 01:54