『あなたの旅立ち、綴ります』:嫌味が足りず物足りない @DVD・レンタル

画像

年末も押しつまってきての落穂ひろい的DVD鑑賞の続きです。
映画は『あなたの旅立ち、綴ります』。
先に観た『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』に続いて、アマンダ・セイフライド主演ですね。
さて、映画。

女性記者アン(アマンダ・セイフライド)の仕事は、お悔やみ記事を書くこと。
故人の近親者など周辺のひとに聞き込みをして記事を書いている。
ある日、彼女が書いた記事に感動した、ついては、生きているうちにわたしの記事の原稿を書いてくれ、とやって来たのはビジネスで成功した老女ハリエット(シャーリー・マクレーン)。
仕方なく聞き込み調査をすると、悪評ばかり・・・

というところから始まる物語で、監督は『隣人は静かに笑う』『プロフェシー』、テレビ『コールドケース』シリーズのマーク・ペリントン
少々畑違いな印象で、映画の出来もいまひとつ。

こりゃ、相当な強欲婆さんが過去の悪行を悔いて残りの人生を改めるか、はたまた、因業婆の因業ぶりが実は周囲の人々にいい結果をもたらしていた(結局、最期まで婆の態度は改まらい)か、のまぁどちらかだろうなぁ、と予想していたけれど、どちらでもなかったです。

予想が外れたからというわけではないが、言っちゃ悪いが、これでは普通の婆さんで、スパイスが効いていない。
演じるのがシャーリー・マクレーンなのだから、相当悪く、そこまでやるか!ってぐらいでもキュートに見えるのに。

というわけで、いいハナシなんだけれど、あまり面白くない、というのが正直なところ。

評価は★★☆(2つ半)です。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:85本
 外国映画69本(うちDVDなど10本)←カウントアップ
 日本映画16本(うちDVDなど 2本)

旧作:2018年以前の作品:83本
 外国映画72本(うち劇場鑑賞18本)
 日本映画11本(うち劇場鑑賞 4本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック