2018年、映画鑑賞本数は176本。ということで、来年もよろしくご贔屓のほどを。

2018年の映画鑑賞レビューもおしまいですが、テレビで観た作品もいくつかありました。
レビューしたものもありますが、レビューしなかったものもいくつかあり、タイトルだけでも挙げておきます。

レビュー済み作品は(鑑賞の新しい順に)、
『シン・ゴジラ』『ボクの妻と結婚してください。』『アンドリューNDR114』。

未レビュー作品は(鑑賞の新しい順に)、
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
『オリエント急行殺人事件』(1974年)
『花様年華』
『ブエノスアイレス』
『恋する惑星』
『臨場 劇場版』

これら作品はいずれも再鑑賞です。
ウォン・カーウァイ監督作品が3作品ありますが、いずれも字幕放送。
どれも好きな作品なので、放送しているのを知って、慌てて観たものです。

ということで、2018年の鑑賞本数は末尾のとおり。
全体で176本。
昨年、一昨年並みですが、それ以前と比べると50本近く減っていますが、2日に1本というところなので、こんなものかしらん。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:87本
 外国映画71本(うちDVDなど12本)
 日本映画16本(うちDVDなど 2本)

旧作:2018年以前の作品:89本
 外国映画77本(うち劇場鑑賞18本)←カウントアップ
 日本映画12本(うち劇場鑑賞 4本)←カウントアップ
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック