『家へ帰ろう』:こんな業突張り爺さんに付き合わされるのかと思ったが @ロードショウ・単館系

画像

昨年末公開の『家へ帰ろう』、ロードショウで鑑賞しました。
タイトルは「うちへかえろう」と読みます。
1998年製作のアメリカ映画にも『うちへ帰ろう』という日本公開タイトルの作品があるので、ちょっとややこしいです。
付け加えるならば、「家へ」なのか「家に」なのか混同しやすいので、これまた困りものです。
些末なことが気になる性分のほうが困りものかも。
さて、映画。

アルゼンチンはブエノスアイレス。
88歳になる元仕立屋のアブラハム(ミゲル・アンヘル・ソラ)は、家族の強引な奨めで老人ホームに入ることになった。
気がかりなのは、最後に仕立てたスーツのこと。
スーツそのものではなく、第二次世界大戦末期、生まれ故郷のポーランドでの出来事が気にかかる・・・

というところから始まる物語で、件のスーツを命の恩人のポーランド人の幼馴染に手渡したい、ということで家族に黙ってポーランドへ旅立っていく。

アブラハムはユダヤ人で、第二次世界大戦のポーランドで辛酸を舐めた。
そんな彼を救ってくれたポーランド人の幼馴染に再開したいというものだ。

物語はシンプルなロードムービーで、概ね4つのパートに分かれる。

まずは、アルゼンチンを飛行機で旅立つまで。
次は、経由地スペインでパリ行きの列車に乗るまで。
続いて、パリからポーランドまでの列車での移動。
最後は、ポーランドでの終幕。

なのだけれど、オープニング早々のエピソードで、ちょっと癖癖してしまいました。

それは、永年暮らした家を離れるので孫たちと記念写真を撮ろうというエピソードで、孫のひとりがゴネて参加しない。
だが、孫娘はスマホを買いたい、お金を出してくれたら、一緒に写るといい、アブラハムと駆け引きが始まります。
その駆け引きのユダヤ人的なこと。
老いも幼きも、がめつい、がめつい。
こんな爺さんにこの後も付き合うのかと思うと、ちょっと辟易で、こんな感じはスペインでの宿泊費の値引き交渉にも登場し、このあたりでちょっと降参しようかとも思いました。

なのですが、道中、助けてくれる女性たちに絆され、爺さんもちょっと丸くなって折れるので、最後まで付き合えました。

列車旅での道連れ女性や、ポーランドの看護婦など、優しすぎるきらいがないこともないのですが、でもまぁ、年配のユダヤ人にはこれぐらい優しくなければいけないかもしれません。
なにせ、彼は先の大戦での迫害の被害者なのですから。

で、結局のところ、彼の旅の目的は果たされるわけですが、心温まるけれども少々物足りない。
心優しい結末でない方が、さらに深みが増したような気もするのですが・・・

正月早々から底意地の悪さを発揮してしまったりゃんひさでした。

評価は★★★★(4つ)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品: 2本
 外国映画 2本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品: 2本
 外国映画 1本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画 1本(うち劇場鑑賞 1本)
------------------

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2019年03月27日 14:56
予告編を見ただけで、あの爺さんに辟易して観るのを断念しました。見なくてよかったのかも。

この記事へのトラックバック

  • 家へ帰ろう

    Excerpt: アルゼンチンで仕立て屋を営んでいる88歳のユダヤ人男性アブラハムは、老人施設に入れられようとしていたが、密かにポーランドへ旅立つ。 目的は、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)時代に命を救ってくれた親友に、.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-01-14 01:01
  • 家へ帰ろう

    Excerpt: ホロコーストを生き抜いたユダヤ人の老人が、70年の時を経て、友人との約束を果たすためにアルゼンチンから故郷ポーランドへ旅する姿を描いたロードムービー。監督はアルゼンチンの人気脚本家で、監督作はこれが長.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2019-02-15 20:09