キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ヴィクトリア女王 最期の秘密』:脚本・演出・演技、どれも好し @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2019/02/07 14:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

画像

スティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』、ロードショウで鑑賞しました。
主演はジュディ・デンチ。
この監督&主演のコンビは『ヘンダーソン夫人の贈り物』『あなたを抱きしめる日まで』に続いて3度目になるのかしらん。
さて、映画。

19世紀後半の英国領インド。
監獄の記録係をしている若者アブドゥル(アリ・ファザール)は、ヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)即位50周年記念の金貨「モハール」を献上する役目を仰せつかい、もうひとりのインド人と英国に向かう。
金貨献上の際、「女王と決して目をあわせてはいけない」との注意を破り、女王と目をあわせたアブドゥルは、その後、女王に気に入られ・・・

というところから始まる物語で、ジュディ・デンチがヴィクトリア女王を演じるのは『Queen Victoria 至上の恋』に続いて2度目。

『至上の恋』では、スコットランド人の従僕ジョン・ブラウンに魅せられた女王は、今度はインド人のアブドゥルに魅せられ、彼からインドの文化・風習などを知ることになる。
本作の前半で、アブドゥルのことを「褐色のジョン・ブラウン」と周囲の者が揶揄するのは、『至上の恋』で描かれた事実を踏まえてのこと。

とにかく、18歳で即位し、早くに夫アルバート公を亡くしているヴィクトリア女王にとっては、大英帝国の君主として振る舞うのは相当なストレスだったろうし、周りの政治家たちは彼女にとっては退屈極まりないものだったろう。
それは、ことあるごとにソールズベリー首相(マイケル・ガンボン)に対して言う、「あなたの言うことはいつも退屈」という台詞からも窺い知れる。

で、この映画が興味深いのは、アブドゥルがヒンドゥー教徒ではなく、イスラム教徒という点。
キリスト教の一派である英国国教会の首長でもある英国女王が、イスラム教徒からイスラム教の教義そのものではないにしろ教えを乞うというあたりが興味深く、ヴィクトリア女王は新しい文化・風習、つまり人それぞれ各個人として受け容れる。
キリスト教は、異教徒は排除するもの、もしくは、改宗させるもの、というのが基本的な考えだから。
なので、周囲の者は、なるたけ早く、アブドゥルを排除しようとしているわけ。

日本版タイトルに「最期」と示されているとおり、映画の最後でヴィクトリア女王は逝去し、それとともにアブドゥルも英国を追われることになるのだけれど、ふたりがもっと早く出逢って、周囲もふたりの関係を認めていたら(仕方がないね、のレベルでもいいのだけれど)、もしかしたら世界は変わっていたかもしれないなぁ、なんて思ったりも。

まぁ、そんな堅苦しいことは抜きにしても、ヴィクトリア女王とアブドゥルのやり取りを観ているだけで愉しい。
スティーヴン・フリアーズ監督の演出はますます円熟味を増してきた感じ。
脚本のリー・ホールは『リトル・ダンサー』『戦火の馬』のひとで、これもやはり巧みである。

評価は★★★★(4つ)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品: 8本
 外国映画 8本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:11本
 外国映画 9本(うち劇場鑑賞 3本)
 日本映画 2本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヴィクトリア女王 最期の秘密
1887年、イギリス。 ヴィクトリア女王在位50周年式典で、女王に記念硬貨を贈呈する役に選ばれた青年アブドゥルが、英領インドからやって来た。 最愛の夫アルバートと従僕ジョン・ブラウンを亡くし、長年心を閉ざしていた女王はアブドゥルに心を許し、2人は強い絆で結ばれていく。 しかしそれは側近の反発を招き、大騒動へと発展してしまう…。 実話から生まれた歴史ドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2019/02/08 09:19
ヴィクトリア女王 最期の秘密
「あなたを抱きしめる日まで」のジュディ・デンチとスティーブン・フリアーズ監督が再びタッグを組み、英国女王とインド人使者の交流を描いたドラマ。デンチが1997年の「Queen Victoria 至上の恋」に続き、2度目のビクトリア女王役を演じ、ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネート。「きっと、うまくいく」のアリ・ファザルがアブドゥル役を演じる。あらすじ:1887年、ビクトリア女王の在位50周年記念式典。記念硬貨の贈呈役に選ばれたアブドゥルは、英領インドからイギリスへとやってくる。最愛の夫と従... ...続きを見る
映画に夢中
2019/02/19 21:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同じく映画館でみました。結構満足した作品です。ジュディ・デンチは何やらせてもうまいですね。実際のアブドゥルは淋病だったし、妻帯者であることを告げなかったり、一緒にきた仲間へも思いやりが少なかったりでいい加減なやつだと思うのですが、そこのところを描いても作品的に嫌な感じにはならずにうまくまとめていたと思います。
ぷ〜太郎
2019/03/27 15:45
ぷ〜太郎さん、まじめで良いひとだから好かれる・・・というわけでないようですね。
りゃんひさ
2019/03/27 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ヴィクトリア女王 最期の秘密』:脚本・演出・演技、どれも好し @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる