『ビリーブ 未来への大逆転』:性差別撤回を争った社会派エンタテインメント @試写会

画像

博士と彼女のセオリー』のフェリシティ・ジョーンズ主演『ビリーブ 未来への大逆転』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。
監督は『ディープ・インパクト』(1998年)のミミ・レダー
監督作品は久しぶりでは・・・と思って調べると、映画は『ザ・エッグ ロマノフの秘宝を狙え』(2009年)以来のよう。
そんな作品あったっけ?
その前が『ペイ・フォワード 可能の王国』(2000年)なので、かなり久しぶり。
さて、映画。

1950年代はじめ、ユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグ(フェリシティ・ジョーンズ)は晴れてハーバード大学の法科学生となったが、この時点で彼女は既に同じくハーバードに通うマーティン(アーミー・ハマー)と結婚し、子どもも授かっていた。
女性には弁護士への道は閉ざされていた時代。
彼女が得たの職は、黒人差別とのバーターのような黒人教授の代用としての教授職。
それから日は経ち、1970年代、世はベトナム戦争反対の嵐の中。
そんな中、彼女にある裁判を争う機会が訪れる。
それは、母親の介護費用を必要経費と認められなかった男性を原告にしたもの。
当時、介護費用を必要経費として認められるのは、税制上、女性に限定されていた・・・

という物語で、人権問題を扱った社会派映画だけれど、それを米国流のエンタテインメントとして魅せていく作品。

映画は、とにかく、脚本がよく練れている。
そりゃまぁ、ルース・ギンズバーグは実在の人物(それも存命中)だし、争った裁判も実際のものだけれど、それを、そこまでも含めて、どう見せていくか、というのが映画をつくる側の腕の見せ所。

本題の裁判に入るまでに、ルースが置かれた境遇を巧みに、じっくり、かつテンポよく描き、中心となる事案を、女性の問題としていないところがホント巧み。

原題「ON THE BASIS OF SEX」(性に基づく)のとおり、性差は文化であり、両性をどうとらえ、どういうように扱えばいいか(正しくは「都合がいいか」)という考えに基づいている。
そこのところを、有無を言わさぬように、原告が男性、という点で、突破口が開けたとのだと改めて思う。

いつもは、やや硬質な(というか能面のよう)感じで、あまり演技に奥行きを感じさせないフェリシティ・ジョーンズだが、今回は好演。
生来の硬質なところに加え、若干のメイクが今回は功を奏している。

アーミー・ハマーは相変わらず声がいい。
この声で弁が立つとなると、弁護士にうってつけ。

アカデミー賞作品賞を受賞した『グリーンブック』に引き続いてGAGA配給だけれど、同じような路線で観るといいかもしれない。
ただし「未来への大逆転」というサブタイトルは、いただけない。

最後の最後に、ルース本人が威風堂々と登場します。

評価は★★★★(4つ)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:13本
 外国映画13本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:22本
 外国映画16本(うち劇場鑑賞 5本)
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ビリーブ 未来への大逆転

    Excerpt: 1956年、アメリカの貧しいユダヤ人家庭に生まれた女性ルース・ギンズバーグは、名門ハーバード法科大学院に入学する。 500人の生徒のうち女性は9人。 同じ大学に通う夫マーティと家事も育児も分担し優秀な.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-03-18 02:29
  • ビリーブ 未来への大逆転

    Excerpt: ビリーブ 未来への大逆転@よみうりホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2019-03-18 14:36
  • 「ビリーブ 未来への大逆転」☆最先端理想の夫婦像

    Excerpt: 子育てをしながら夫を支え夫に支えられ、ハーバード法科大学院を卒業、弁護士となって初めて女性の権利を勝ち取った女性を演じるのは、子役をしながらオックスフォード大学を卒業した才媛フェリシティ・ジョーンズに.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2019-03-29 12:22
  • 『記者たち』『ビリーブ』『ショーン・オブ・ザ・デッド』トーホーシネマズシャンテ1、日比谷13、9

    Excerpt: 同日鑑賞3本をできるだけ短評で。 ◆『記者たち 衝撃と畏怖の真実』トーホーシネマズシャンテ1 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★★正義の気持ち良さ】 原題は『SHOCK AND A.. Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記・第二章 racked: 2019-04-08 21:15
  • 映画「ビリーブ 未来への大逆転」

    Excerpt: 映画「ビリーブ 未来への大逆転」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2019-04-08 23:08