『5時から7時までのクレオ』『幸福(しあわせ)』:アニエス・ヴァルダ監督の2本 @特集上映

画像

アニエス・ヴァルダ監督の2本『5時から7時までのクレオ』『幸福(しあわせ)』を川崎市市民ミュージアムの企画上映「女性史月間特集」で鑑賞しました。
この2本、以前から観たくて、また、しばしば上映もされているのですが、これまではタイミングが合わず、観逃していました。
さて、映画。

画像


『5時から7時までのクレオ』

若くて金髪のシャンソン歌手クレオ(コリンヌ・マルシャン)。
2週間前に血液検査を受け、その結果が出るのが夕方の7時。
いまは5時。
気まぐれで受けたタロット占いでは、どことなく不吉な雰囲気。
もしかしたら、癌かも・・・血液検査なんて、大病でもなければ、医者は言い出さないはず・・・
そんな不安を抱えながら、マネージャとともに時間をつぶすことにした・・・

というところからはじまる物語で、巻頭の占い師とのシーンだけがカラー。
タロットカードの大写し、めくられ、テーブルに並べられる、小気味のいいカッティング、だが不気味でもある。
このオープニングだけで、この映画、「好き!」という感じになる。

その後は、いわば、スケッチ。
ショッピング、カフェ、自室での友人たちとのピアノの即興と歌。
終盤、クレオはアルジェリアから一時帰国した若い兵士と出逢う。

クレオは、本名はフロランスだと打ち明ける。
すると兵士は、「フロランスは花、イタリア。生きる歓び。クレオはクレオパトラ、エジプト、毒蛇、君に似合わない」という。
印象的な台詞。

他愛ないようなスケッチを通して、クレオの感情の浮き沈みを巧みに綴っていき、検査の結果をさらりと描く。

フランス・ヌーヴェルヴァーグというのは、こういう映画、という見本のような作品でした。

評価は★★★★☆(4つ半)です。

画像

『幸福(しあわせ)』

フランソワ(ジャン=クロード・ドルオ)とテレーズ(クレール・ドルオ)の夫婦。
ふたりの幼い子どもを連れてのピクニック。
フランソワは叔父の内装屋で働き、テレーズは家で洋裁をして家計を助けている。
フランソワは妻も子どもも愛しているが、町の郵便局員エミリー(マリー=フランス・ボワイエ)も愛してしまう・・・

というところからはじまる物語で、古典的な三角関係のハナシのような体裁だけれど、話が進むにつれて、冷徹といってもいいような恐ろしい展開を迎える。

テレーズもエミリーも愛したフランソワは、ふたたび訪れたピクニックの土地で、そのことを妻テレーズに打ち明ける。
ふたりの女性を愛し、愛されている幸福感! なんてすばらしいんだ! と。

午睡のあと、目を覚ましたフランソワは、テレーズがいない。
果たして、テレーズは溺死体で発見される。
彼女の死は、自殺か事故かはわからない・・・(が、2カットほどで示される様子では事故のように見える)

と、ここまでならば、いわゆる愛憎三角関係のメロドラマなのだが、フランソワはエミリーと再婚し、ふたりの子どもも彼女に懐き、幸福に暮らす様が謎解き映画の種明かしシーンのように足早に描かれ・・・
えええええええええええ!
これを「幸福(しあわせ)」と呼ぶのか・・・
いや、しあわせなのかもしれないけれど、それって、どうよ、どうなのよ。

この冷徹さ、皮肉さ、なんとも懼ろべしいアニエス・ヴァルダ。
尖りすぎ。

それを、印象派の絵画のような目に鮮やかな画面とモーツァルトの調べで描いていく。
オープニングのフランソワ一家のピクニックシーンと大輪の向日葵のクロスカット。
美しいが不協和音のようなカッティング。
フェードアウトの代わりに、黄色や赤や青へと溶暗していくシークエンスのつなぎなど、技術的にも先鋭性が際立つ一遍である。

評価は★★★★☆(4つ半)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:16本
 外国映画16本(うちDVDなど 1本)
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:27本
 外国映画21本(うち劇場鑑賞 7本)←カウントアップ
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 5時から7時までのクレオ

    Excerpt: 金髪のシャンソン歌手クレオ。 自分はガンにかかってないか、という不安に怯えている。 今5時、検査の結果が出る7時まで、あと2時間…。 クレオの2時間の心理描写を描く。 Weblog: 象のロケット racked: 2019-03-29 01:50
  • 幸福

    Excerpt: 日曜日、家族が揃ってピクニックに出かける幸せな家庭。 しかし夫はそんな生活を続けながら、郵便局の女性事務員とも深い仲になっていた…。 ラブストーリー。 Weblog: 象のロケット racked: 2019-03-29 01:52