『あなたはまだ帰ってこない』:デュラス作品を読んでいるかのように感覚になる @ロードショウ・単館系

画像

企画上映でアニエス・ヴァルダ監督の2本『5時から7時までのクレオ』『幸福(しあわせ)』を観てから数日。
今度はフランス映画の新作『あなたはまだ帰ってこない』をロードショウで鑑賞しました。
原作はマルグリット・デュラスの『苦悩(LA DOULEUR)』。
デュラスの実体験、それも第二次世界大戦中に書かれた日記がまるのまま挿入されているという作品です。
さて、映画。

第二次世界大戦終戦から相当の年月を経たある日、わたしマルグリット(メラニー・ティエリー)は2冊の日記を見つける。
戦中に書いたものだが、たしかにそこに書かれていることは生々しく記憶しているが、そんな日記を書いたことはまるで憶えがなかった・・・
時代は1944年6月、ナチスドイツ占領下のパリ。
わたしの夫ロベールはナチスに逮捕され、刑務所に収監されている・・・

というところからはじまる物語で、戦時下のハナシだけならば、戦下のメロドラマっぽい雰囲気。
だけれど、『二十四時間の情事(ヒロシマ・モン・アムール)』『かくも長き不在』のマルグリット・デュラスなので、一筋縄ではいかない。

記憶・認識・・・というのが、デュラス作品の主題のひとつなので、この映画も映画にするときにそこいらあたりに十分配慮している。

わたしマルグリットの一人称を強調するように、単焦点レンズで撮って、そのとき撮るべき対象以外はぼやけている。
そして、その対象はマルグリットばかりでない。
記憶の奥底から何かを引き出そうとしたような映像。
そこに、ときにはモノローグが被さる・・・
なかなかチャレンジングな映像表現である。

夫ロベールの行方を探すうちに、ゲシュタポの手先である刑事ラビエ(ブノワ・マジメル)と懇意になり、情報を引き出すためのやり取りが描かれる前半は、物語の起伏もあり、かなりスリリング。
つまり、ストーリー映画として愉しむこともできる。

が、後半、帰還者が増えるなか、戻って来ない夫を待つ段になると、ストーリー性は喪われ、少々、観続けるのがつらくなってくる。

そんな中、終盤は急転直下の展開。
衰弱に衰弱を重ねたような姿で夫ロベールが帰還するのだけれど、マルグリットのこころは、自分を支えて助け続けてくれたレジスタンスのサブリーダー・ディオニス(バンジャマン・ビオレ)に、いつしか惹かれていた・・・

えええええ、な展開。
それも、先に述べたチャレンジングな映像表現が災いしたのか、マルグリットの転心ぶりがあまり伝わってこない。
もしかしたら、終盤現れる「ふたりのマルグリット」のショットが、それを表しているのかもしれないが・・・

と、観ている側としては少々わかりづらいところが無きにしも非ずなのですが、まるでデュラスの作品を読んでいるかのように感覚になるあたりは評価したい作品です。

ほぼ出ずっぱりのメラニー・ティエリーは好演。

評価は★★★★(4つ)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:17本
 外国映画17本(うちDVDなど 1本)←カウントアップ
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:27本
 外国映画21本(うち劇場鑑賞 7本)
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • あなたはまだ帰ってこない

    Excerpt: 1944年6月、第二次世界大戦中のナチス占領下のフランス・パリ。 女流作家マルグリットの夫で、共にレジスタンス活動をしていたロベールが逮捕された。 ロベールの安否確認のため連日パリのナチス本拠地に通う.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-03-30 09:25
  • あなたはまだ帰ってこない

    Excerpt: 「愛人 ラマン」などで知られる作家マルグリット・デュラスが1985年に発表した自伝的小説「苦悩」を映画化。マルグリットを「海の上のピアニスト」のメラニー・ティエリー、彼女に近づくゲシュタポの手先ラビエ.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2019-04-28 11:58