『希望の灯り』:まだるっこい語り口ながら、喪われた祖国への想いを感じる @ロードショウ・単館系

画像

今年はじめにドイツ映画祭でも上映された『希望の灯り』、ロードショウで鑑賞しました。
それほど上映館は多くないので、都心の単館系上映映画館に出かけての鑑賞です。
さて、映画。

東西統一後、しばらくしてからのドイツの大型スーパーマーケット。
場所は、旧・東ドイツの都市郊外だ。
店では、夜になるとフォークリフトが店内を移動し、在庫の補充をしている。
そんな中、内気な青年クリスティアン(フランツ・ロゴフスキ)は、ここでの飲料部在庫管理担当として働き始めることができた。
彼に付いた上司は旧東ドイツ出身の中年男ブルーノ(ペーター・クルト)。
無骨にクリスティアンを指導していくが、クリスティアンは通路ひとつ隔てた食品・菓子部の女性マリオン(ザンドラ・ヒュラー)と出逢い、心惹かれていく・・・

というところからはじまる物語で、骨子だけ取り出せば、まぁ、どこにでもあるたいしたハナシでもない。

特に前半は、冒頭の「美しき青きドナウ」に乗せて夜間の広大なスーパーマーケットを行き交うフォークリフトが甘美な映像ともいえるのだけれど、それはそれでやりすぎでもある。
統一後の東側青年には、それが甘美に見えるということなのかもしれないが、これは観客向きの映像、クリスティアンが観ることなどない。

というわけで、冒頭から少々懐疑的な観方になってしまったのだけれど、映画が内包している旧東ドイツの青年(いやブルーノも含めて老齢の男たちもだが)の立ち位置、そんなところが映画の中で屹立するのは中盤(というより終盤に近い)以降。

なので、映画の語り口としては、まだるっこい。

内容も映像表現もジム・ジャームッシュ監督やアキ・カウリスマキ監督に似ているところはあるけれども、それほど洗練されておらず、もっさりした感じで、30分ぐらい尺を縮めた方がいいんじゃないかといった感じ。

主人公が心寄せるマリオン役のザンドラ・ヒュラーのどうってことない色気と、質実剛健的な風貌のブルーノ役ペーター・クルト、それに主役フランツ・ロゴフスキの人生経験豊富なのにナイーブな雰囲気というアンサンブルは捨てがたい。

評価は★★★☆(3つ半)です。

追伸>
重要なことを書き忘れていました。
主人公が劇中途中で免許を得るフォークリフト、これがもうひとつの主役。
冒頭のシーンもそうなのですが、最後の最後でも活躍します。
エンドシーンの前に、クリスティアンがフォークリフトを運転するシーンがあるのですが、フォークリフトは運転手の側面側(左肩)方向にしか進まない・・・
しかし、360度回転もし、高い棚にも手を伸ばすことができる・・・
というのがこの映画の暗喩でテーマかもしれません。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:23本
 外国映画23本(うちDVDなど 1本)←カウントアップ
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:31本
 外国映画25本(うち劇場鑑賞 7本)
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 希望の灯り

    Excerpt: ドイツ・ライプツィヒ。 郊外にある巨大スーパーマーケットの在庫係として働き始めた、無口な青年クリスティアン。 ベテラン社員ブルーノから仕事を教えてもらい、フォークリフトの操縦も出来るようになった。 年.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-04-20 12:04