キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『魂のゆくえ』:まだるっこい語り口で斬った米国の現実は陰鬱 @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2019/04/23 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

『タクシー・ドライバー』の脚本かとして有名なポール・シュレイダーの脚本・監督作『魂のゆくえ』、ロードショウで鑑賞しました。
1946年生まれなので、この映画を撮った2017年は71歳ということになる。
もっと高齢なイメージもあったのだけれど、意外と若い。
さて、映画。

米国の小さな教会の牧師トラー(イーサン・ホーク)。
創立から250年を迎える古い教会であるが信徒は少なく、教会の運営費用は、歴史的教会が作ったいわゆる「土産物」。
創立記念事業が近づくある日、妊婦のメアリー(アマンダ・セイフライド)から相談を受ける。
夫が環境保護事業にのめり込んでいる、のみならず、最近の夫は情緒不安定だ、しかも、夫は堕胎を迫る、と。
最近、体調が思わしくなく、酒に逃げているが、心底には神の意志を信じているところのあるようなトラーは、メアリーの夫と会談を設ける。
エキセントリックな風のある彼に対して、牧師として神父の御心を説くトラーであったが、数日後、メアリーの夫は頭を撃って自殺してしまう・・・

というところからはじまる物語だが、ここいらあたりで尺の中盤というぐらい、描写がまだるっこしい。

陰鬱なトラーのモノローグ、陰鬱なキャメラ、さらに、ほとんど劇伴音楽はなし・・・と、まぁ、よっぽど体調がよくないと寝ちゃうだろう、と思う。

で、後半、一気に面白くなる・・・わけではない。

メアリーの夫が環境保護を訴えての自爆テロを計画していたことを知り、その爆発物埋め込みのジャケットをトラーは得、さらに、メアリーの夫が狙っていたのが自身の教会の上層教会に支援している複合企業だということがわかり・・・となるので、ありゃまぁ、『タクシー・ドライバー』の変奏曲かしらん、とも思うが、あの映画のようなカタルシス(個人的には不愉快なのだけれど)もない。

関心がないわけではない物語なのだけれど、どうにも独りよがりな感じは拭いきれず、その独断的な視点は好きになれない。
ま、独断的なのは宗教的な側面もあるのだろうが、最終的には、神には癒されず、愛した女性に救われるというのも、なんだか底が浅い。

評価は★★☆(2つ半)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:24本
 外国映画24本(うちDVDなど 1本)←カウントアップ
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:31本
 外国映画25本(うち劇場鑑賞 7本)
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『魂のゆくえ』:まだるっこい語り口で斬った米国の現実は陰鬱 @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる