『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』:核の王ゴジラ、怪獣王になるの巻 @ロードショウ・シネコン

画像

ハリウッド産新生「ゴジラ」シリーズ第2作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、ロードショウで鑑賞しました。
ゴジラに加えてキングギドラ、モスラ、ラドンも登場し、東宝チャンピオンまつりの趣。
さて、映画。

ゴジラとムートーと死闘を繰り広げたときから5年。
特務機関モナークの基地では、巨大生物を隔離・管理していた。
そしてまた、クジラたちのコミュニケーション方法を分析した結果を用いて、「オルカ」と呼ばれる巨大生物とコミュニケーションがとれる装置の開発も進められていた。
ある日、中国雲南省の基地で、ある巨大生物を冬眠から目覚めさせる実験のさ中、環境テロリストたちによって装置が奪われ、その巨大生物が目覚めてしまう・・・

といったところから始まる物語で、前作から引き続いての出演は、芹沢猪四郎博士(渡辺謙)とヴィヴィアン・グレアム博士(サリー・ホーキンス)。

巨大生物が闊歩していた古代があり、巨大生物を管理しようとしている特務機関モナークもあり、ということで、前作から引き継いでいる部分もあるが、なんとなく別物的要素も多分に感じる。

それがなんだかよくわからないのだけれど、コミュニケーション装置「オルカ」だとか、世界各地で巨大生物が目覚めるとか、指揮する部隊の指揮所は陸海空と転戦するとか、うーむ、とにかく盛沢山。
盛沢山すぎて、よくわからないところもある。

キングギドラは宇宙生物で、ミステリアス星人が作ったんだっけ?
(ミステリアス星人は出てこなかったね)

モスラは変態生物だが、幼虫からすぐに繭になっちゃったな。
(インファント島ではなく、ウンナン省なのね)

モスラとくれば小美人だけ、出てこないのかしらん?
(と、思ったら、チャン・ツィイー扮するチェン博士が双子だったのね。気づかなかった・・・)

ラドンは、キングギドラを倒す側ではないのかぁ?
(モスラと格闘するとか思わなかった)

と、過去の東宝シリーズに目配せし、オマージュを捧げているのがよくわかる。

オマージュ、というか本家『ゴジラ』で最も重要なシーン、「オキシジェン・デストロイヤー」も芹沢博士によって起動させられるのだけれど・・・

えええ、本家では「原水爆以上に危険な兵器にもなりうる装置」として、その使用の是非を博士が苦悩するのけれど、「原水爆以上に危険な」ってあたりはほとんどなく、結果的に滅私奉公的な感じになっているのは残念。
ま、ゴジラやキングギドラの巨大生物たちを殺すのならば、自らの手で・・・というのはわからなくもないが。
さらに、このオキシジェン・デストロイヤーがほとんど役に立っていないあたりが哀しく、傷ついたゴジラに核を与えて蘇らせようというあたりは、恐るべし「核の威力」である。

で、最終的には「核の親分」ゴジラが、『ライオン・キング』ならぬ「カイジュー・キング」になるわけなのだが、これって、政治的観点では、かなりヤバい感じもしないでもない。

とはいえ、サービス精神満点なので、よくわからないなりにも愉しめたけれども、ね。

なお、第3作は自然界の帝王「コング」との対決(vs核の王ゴジラ、といのも凄まじい)のようだが、第4作は是非とも「環境破壊の象徴・ヘドラ」と一戦交えてほしいものである。

追記:エンドロールのキャストでは、
ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドンは、本人(Himself、Herself)となっています。

評価は★★★★(4つ)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:38本
 外国映画35本(うちDVDなど 3本)←カウントアップ
 日本映画 3本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:52本
 外国映画39本(うち劇場鑑賞 8本)
 日本映画13本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2019年07月31日 15:18
いやあ、結構愉しめました。日本映画のゴジラやモスラに対する配慮もされていてよかったです。小美人はチャン・ツィイーだったんですか、気づきませんでした。でも最後、ゴジラがライオンキングになるのはどうかと思いましたけどね。ハリウッドにかかるとみんなこんなになってしまうのは問題です。

この記事へのトラックバック

  • ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

    Excerpt: <a href='../film/usjtmhyss.html'>『GODZILLA ゴジラ』</a>から5年後の世界。 モスラ、ラドン、キングギドラら、単なる伝説にすぎないと思われていた怪獣たちが再び目覚め、世界の覇権をかけて争いを始めた。 全人類の存在すらもが危ぶまれる.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-06-30 12:15