『よこがお』:隠し味は、女性の嫉妬 @ロードショウ・シネコン

よこがお.jpg

『淵に立つ』の深田晃司監督最新作『よこがお』、ロードショウで鑑賞しました。
主演は、同作と同じく筒井真理子。
監督が惚れ込んでの再びのタッグだそうだ。
さて、映画。

米田(池松壮亮)が勤める美容室を訪れたリサ(筒井真理子)。
初めてだという彼女に、米田は「以前お会いしませんでしたか」と訊く。
彼女はかつて訪問看護師として働き、その仕事ぶりも高く評価されていた。
当時の名前は白川市子。
かつて、彼女が看護していた老画家の中学生の孫娘・大石サキ(小川未祐)が誘拐される事件が起きた。
が、犯人が市子の甥だったことから、市子の人生は変わったのだった・・・

というところから始まる映画だが、現在と過去の事件の顛末が交互に描かれていく語り口は、はじめ少々戸惑う。
注意していれば、市子=リサの髪型なり、場所の住所表記なりで、別の時間軸だということはわかるのだけれど。
ま、漫然と観ているこちらが悪いのだが。

それはさておき、誘拐事件としてはそれほど大事には至らない。
犯人が10日ばかり孫娘を連れまわしたので、営利目的でもなく、被害者に危害は加えなかったからだ。

けれども、事件を契機に市子の人生が崩壊していく。
彼女が被害者宅で看護していたこともさることながら、犯人である甥が被害者と居合わせる場を図らずもつくってしまったからだ。

市子は被害者の姉・基子(市川実日子)と仲が良い。
ニートの基子にとっては、市子が唯一の友といってもよい。
そんな基子が看護士になるための勉強を市子がみてやっている。
場所は大抵は近所の喫茶店。
そこへ、むかし市子が使っていた参考書を犯人が届けに来、偶然、サキも居合わせてしまった・・・

そういう偶然レベルなのだが、基子からの甘言によって、市子は大石家に犯人との関係を告げないままでいて、それがあらぬ疑惑を生んでいくことになり、結果、市子の人生が崩壊してしまう。

この崩壊のスリリングには、大きなスパイスが隠されている。
それは、市子と基子の関係。

基子は、市子のことが好きなのだが(たぶん、憧れというようなレベルは超えている)、市子はそれに気づかない。
無頓着といってもいい。
市子を独占したい、手放したくない思いから、基子は甘言を囁き、無防備な市子は易々と乗ってしまう。

その後、基子が市子の人生を崩壊させる証言をするのは、疎外感から。
事件の渦中にいる市子を助けようとして、自分と逃げ隠れることを提案するが、婚約者のいる市子は現実的でないと突っぱねる。

この「独占欲」と「疎外感」は、別の言い方をすれば「嫉妬」である。

女性同士のこの手の映画は、ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットの『あるスキャンダルの覚え書き』や、カトリーヌ・フロとデボラ・フランソワの『譜めくりの女』があるが、日本映画では珍しい。

映画のラストは、看護師になった基子を見とめた市子が、自動車の運転席でクラクションの轟音を鳴らすシーンと、その後、自動車を運転し続ける市子をサイドミラー越しに捉えた長い長いカットだけれど、たぶん、市子は基子の気持ちにに気づいていない。
復讐できなかったことに対する悔しさだけなのだろう。
これが、基子の気持ちを知った市子の咆哮を暗示するようなものだったら、この映画、傑作になったはずだ。

評価は★★★★(4つ)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:51本
 外国映画44本(うちDVDなど 6本)
 日本映画 7本(うちDVDなど 1本)←カウントアップ

旧作:2019年以前の作品:56本
 外国映画42本(うち劇場鑑賞10本)
 日本映画14本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月30日 23:43
愛情が叶わぬ時に、嫉妬から憎しみに代わり、攻撃してしまう。
愛憎入り乱れる、理不尽で見事な崩壊劇でした。
私も、前半は時系列に戸惑いましたが、それだけに、後半で市子の意図が明らかになった時に、ハッとさせられました。
深くて、見応えたっぷり。体を張った演技にも拍手!でした。
ぷ~太郎
2019年08月12日 15:44
薄々思っていたことなのですが、この監督、女性を描くのがへたですね。基子の気持ちには、何となく違和感があるとか、変だなとかで、普通だったら気づくはずです。それが市子には微塵もない。それは市子が超鈍感なのか、自分というものに異常に自信をもっているからなのか・・・。そこのところを監督は全く描いていないのです。いとも簡単に基子によって人生を破壊されてしまった市子は、今度は復讐と称して、これまた単純に基子の恋人をうばおうとするのは、何とも単細胞としか言いようがありません。こんなことで気がはれるのかい?と突っ込みたくなりました。何ともお粗末です。
演技陣はいい仕事をしているので、作品的にもよさげに見えますが、内容には不満が多々残ります。脚本は違う人が書いた方がよかったですね。
りゃんひさ
2019年08月12日 20:33
ぷ~太郎さん

たしかに、この監督、女性に対する洞察力が意外に低いですね。
週刊誌で監督のインタビューを読みましたが「意図しない突然の暴力(など)によって人生が変わってしまうことに関心がある」らしく、『淵に立つ』もその系列でした。
本作も同じ文脈の映画なのですが、主演の女優二人がそれぞれに役を読み込んだので、こういう映画になった可能性もあります。
つまり、もしかすると、人間に対する洞察力が低い可能性があり、そうならば、致命的です。