『僕のワンダフル・ジャーニー』:ちゃんと、背中でジャンプ&キャッチもありますよ @試写会

僕のワンダフル・ジャーニー.jpg

「素晴らしき哉、犬生!」な映画『僕のワンダフル・ライフ』の続編『僕のワンダフル・ジャーニー』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。
今度もベイリーは生まれ変わるわけで・・・
さて、映画。

何度も生まれ変わってイーサン(デニス・クエイド)と再びめぐり会った犬のベイリー。
イーサンのもとには初孫娘のCJも生まれて幸せそうだったが、イーサン夫婦と娘グロリア(ベティ・ギルピン)とは折り合いが悪く、ある日、グロリアは幼いCJを連れて出ていってしまう。
時は経ち、ベイリーも死期を迎えることになるが、彼を抱きしめるイーサンからは「生まれ変わってCJを守ってやってほしい」と告げられ・・・

というところから始まる物語で、生まれ変わったベイリーが孫娘CJが大きくなって(大きくなってからはキャスリン・プレスコットが扮演)、幸せをつかむまでの物語。

前回は「素晴らしき哉、犬生!」といわんばかりの、犬が主人公の映画だったけれども、今回はベイリーは助演。
主役は孫娘のCJで、割と早く、ベイリーと巡りあうので、「あ、そうなの」感が無きにしも非ず。

とはいえ、生まれ変わるベイリーはその都度魅力的だし、それぞれうまく伏線も張られているし、ファミリー映画としては合格点。
ちゃんと、背中でジャンプ&キャッチもありますからね。

にしても、前作から足掛け何年のハナシなんだろうかしらん?

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:62本
 外国映画52本(うちDVDなど 7本)←カウントアップ
 日本映画10本(うちDVDなど 1本)

旧作:2019年以前の作品:63本
 外国映画49本(うち劇場鑑賞12本)
 日本映画14本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

この記事へのコメント

じゃむとまるこ
2019年09月09日 09:38
監督がラッセ・ハルストレムでないのでちょっとがっかりなんですが近所の映画館で上映なので観る予定でいます。
2019年09月17日 21:01
イーサンを巡る家族の、何十年にも及ぶ壮大な、家族の歴史と成長と愛と絆の物語でしたね!
最後には、やはりイーサンとベイリーの物語なんだ!というところに落ち着いていました。
りゃんひさ
2019年09月17日 21:54
トリトンさん
コメントありがとうございました。
あ、そうそう、イーサンを巡る家族の、何十年にも及ぶ壮大な物語・・・都合、何十年の物語だったのかしらん。
やはり、ジャンプ&キャッチがでないとね!