『荒野の誓い』:米国の本質を内省・巡行する秀作 @ロードショウ・シネコン

荒野の誓い.jpg

巷間で静かに話題になっている『荒野の誓い』、ロードショウで鑑賞しました。
このレビューを書いている時点では、多くの劇場(といっても上映館は少ないのだが)でのファーストランは終了しています。
前置きは短く、さて、映画。

1892年、米国ニューメキシコ州。
インディアン戦争の英雄ジョー・ブロッカー大尉(クリスチャン・ベイル)は、隊長から収監されているネイティブアメリカンのシャイアン族首長イエロー・ホーク(ウェス・ステューディ)とその家族を居留地まで護送するように命じられる。
ブロッカー大尉と首長は、かつて戦場で戦い、多くの仲間が殺し殺された関係である・・・

といったところから始まる物語で、監督は『クレイジー・ハート』『ブラック・スキャンダル』のスコット・クーパー

この本筋に入る前に、入植者の一家がコマンチ族に皆殺しにされ、命からがらひとり妻のロザリー(ロザムンド・パイク)だけが生き延びるという描写がある。
このシーンは、往年の(といっても60年代ぐらいまでか)西部劇でよく描かれていたもので、ブロッカー大尉一行がロザリーを発見し、彼女を安全な土地まで送るといのも、かなりオーソドックスな西部劇の枠組みといえる。

ということで、かなりオーソドックスな西部劇の風貌をしているが、目指すところは娯楽映画としての西部劇ではない。

冒頭、引用されるD.H.ロレンスの、アメリカを評する言葉、それを探るのがこの映画の主題。
「アメリカの本質は、孤独で人殺しだ。それは和らぐことはない」

つまり、アメリカの本質をアメリカ人が探り、内省するロードムービーである。

映画は大きくふたつに分かれている。
一行が途中、町へ到着するまでと、その後である。
ここへたどり着くまでに一行の兵士は半減し、ロザリー一家を襲ったコマンチ族も征伐されているので、ほとんどハナシは終わったようなものだが、町を管轄する隊長(ピーター・ミュラン)から、ネイティブアメリカンの一家を惨殺した男の護送を依頼される。
そして、その男は、ブロッカー大尉の元部下である

一行が送り届ける対象(つまり、敵)が、ネイティブアメリカンという外部から、元部下という内部へと変化するわけである。
アメリカの本質についての内省がより深く進んで行く・・・

この「内省の巡行」、観ているうちに別の映画を想起しました。
ダブって見えたのは『地獄の黙示録』。

『地獄の黙示録』は、最終的に「闇の奥」の闇しか見つけられなかったが、ブロッカー大尉は自分自身の本質を、和らぐことのない孤独な人殺しということに辿り着き、それを直視する。
和らぐことがないのは、相手を知らない、理解しようとしないからだったということに・・・

オーソドックスな西部劇の枠組みを借りながらも、骨太で現代にも(未来にも)通じる秀作でした。

ただし、道中の描写が同じような繰り返しで(物語上、仕方がないのかもしれないが)、まだるっこいところもあるので、そのあたりは減点かしらん。
なお、日本人撮影監督マサノブ・タカヤナギの映像は秀逸。

評価は、★★★★☆(4つ半)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:68本
 外国映画56本(うちDVDなど 7本)←カウントアップ
 日本映画12本(うちDVDなど 3本)

旧作:2019年以前の作品:68本
 外国映画49本(うち劇場鑑賞12本)
 日本映画19本(うち劇場鑑賞 6本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

じゃむとまるこ
2019年09月28日 18:19
こんにちは。
ご覧になられましたか。
この映画、細々地味に上映しているのはとても残念です。

全体ではなく目の前の一人一人を見る、それが今求められている考えだと思います。

ラストのジョーの選択は、賛否あるようですが、個人的にはこれが良かったと思いました。
すべてを呑み込んで前を向くのだ、という希望が感じられました。
2019年09月28日 19:19
アメリカ自らが闇の歴史に向かって内省する、それが出来るだけでも潔く素晴らしいと思います。
負の連鎖を断ち切る、赦しの大切さと崇高さも感じさせました。
マイナーな扱いがもったいない、素晴らしい傑作でした。
りゃんひさ
2019年09月29日 10:38
じゃむとまるこさん

ラストのジョーの行動のシーン、なくてもよかったようにも思いますが、以下のように考えると必須です。

西部は未開の地で、暴力が支配している。
対して、シカゴは文明の地で、人種性別を超えて、文化(本が象徴している)によって相互理解が可能な地。

西部の頑迷な男が古い価値観を棄てる、という決断をささやかに描いてる、と感じました。
りゃんひさ
2019年09月29日 10:40
トリトンさん
マイナーな扱いがもったいない作品でしたね。
小規模公開だとしても、シャンテで上映すると、周知が広がるのですが、シネコンの中で他のヒット作品に埋もれていました。