『ドッグマン』:日本でもありそうなリアリズム @ロードショウ・単館系

ドッグマン.jpg

『ゴモラ』『五日物語 3つの王国と3人の女』のマッテオ・ガローネ監督最新作『ドッグマン』、ロードショウで鑑賞しました。
先に挙げた2本の作品のうち、後者のみ鑑賞しています。
『五日物語』は毛色の変わったファンタジーでしたが、今回はリアルな現代もの。
こちらの方が、ガローネ監督の主流なのかどうか・・・
さて、映画。

イタリアのさびれた海辺の町。
お世辞にも綺麗といえない砂の広場を中心にして、古びたビルが立ち並んでいる。
小男のマルチェロ(マルチェロ・フォンテ)が営むドッグサロンもその一隅にあった。
離婚したものの妻やひとり娘とは良好な関係で、周囲とも良好な関係であるが、ただひとつ、切っても切れない腐れ縁が続いていた。
それは町の乱暴者シモーネ(エドアルド・ペッシェ)との関係。
日々騒ぎを起こすシモーネとは古くからの友人関係で、無下に関係を断ち切ることが出来ずにいた・・・

というところから始まる物語で、映画はふたりの関係、町の様子を丁寧に描いていきます。
丁寧すぎて、まだるっこしい感もあるのですが・・・

くすんだ色調で撮られた画面を観続けていくと、どんどんと憂鬱・陰鬱になっていきます。
外国イタリアのハナシではあるものの、この手の物語は、最近の日本映画でも地方都市を舞台にしてしばしば描かれているので、遠い外国のハナシとは思えず、遣り切れなくなってきます。

マルチェロはシモーネのことを友人と思っているが、シモーネはさにあらず。
シモーネが主人で、マルチェロは飼い犬、忠実な下僕。

虐待された犬が主人に反撃する・・・という展開になるのは早々に予想がつくが、明確に反撃し始めるのは映画も終盤になってから。
しかし、その反撃も、「怒り心頭に達し、暴力には暴力だ!」という、わかりやすい、カタルシスが伴うものではなく、空しく虚しいもの・・・・

マルチェロが手入れしている犬たちが、マルチェロの心情を察して、シモーネを集団で襲って食い殺す・・・ぐらいの展開だったら、もう少しスッキリしたと思うのですが、そんな展開だったら別の作品になっちゃったでしょうね。

主役のマルチェロ・フォンテ、誰かに似ていると思っていましたが・・・あ、藤原釜足!
古くて申し訳ない・・・

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:63本
 外国映画53本(うちDVDなど 7本)←カウントアップ
 日本映画10本(うちDVDなど 1本)

旧作:2019年以前の作品:67本
 外国映画49本(うち劇場鑑賞12本)
 日本映画18本(うち劇場鑑賞 4本)
------------------

この記事へのコメント

じゃむとまるこ
2019年09月11日 17:20
こんにちは。
いじめの構図みたいな感じですね、仲間のうちの一番弱い奴がやられるというか・・・・緊迫感のある映画でした。
りゃんひさ
2019年09月11日 20:31
じゃむとまるこさん
いじめの構図は万国共通なのでしょう。
持つ者が持たざる者を支配する・・・この映画では「持つもの」は、ただの力、暴力、他者に対する思い欠如、でしかないあたりが、観ていて侘しくなりました。
2019年09月13日 00:03
なんとも虚しかったですよねぇ~。
でも、マルチェロもどこか甘んじている感じで、共依存関係にあったような気も。
後味のほろ苦さといい、嫌な余韻を残す作品でした。
りゃんひさ
2019年09月13日 08:01
トリトンさん
コメントありがとうございました。
わたしも、マルチェロ、シモーネともに共依存関係にあったように感じました。
マルチェロの取り残された感があり、嫌な余韻でしたね。