『フリーソロ』:求道者を取り巻くひとびとの葛藤も見どころ @ロードショウ・単館系

フリーソロ.jpg

アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞受賞の『フリーソロ』、ロードショウで鑑賞しました。
早速、映画。

アレックス・オノルドは、フリーソロの若き第一人者。
フリーソロとは、安全装置を使用せずに、自分の手と足だけで岩壁を登るクライミング・スタイルのこと。
命綱もない。落ちれば、確実に死ぬ。
アレックスは、永年目標にしていたカリフォルニア州ヨセミテ国立公園の絶壁エル・キャピタンにトライすることを決意する・・・

というところから始まる映画で、フリーソロの求道者アレックスの行動を丁寧にキャメラがとらえていきます。

フリーソロに至るまでは、随伴者とともに安全装備をつけて予行演習をしていく。
随伴者もフリーソロの第一人者、トミー・コールドウェルというひと。
ルートの各場所にはナンバリングと名前がつけられており、小さな窪みや出っ張り、それぞれの距離を確認して、どのような動きであれば攻略できるかを確認し、訓練する。
当然だ。
フリーソロでは、ひとつの動作の誤りは即、死を意味しているからだ。

そんなアレックスにも彼女がいる。
サンニ・マッカンドレスという女性で、アレックスと知り合ってから、クライミングをはじめたという。

個人的に、この映画でもっとも興味深いのが、彼女を捉えていることで、彼女の存在そのものが、アレックスのフリーソロに影響を及ぼすかもしれない。
サンニにすれば、愛するひとを喪いたくない、という想いは当然あるが、アレックスのフリーソロへの情熱を邪魔することはしたくない。
フリーソロを失ったアレックスは、もうそれはアレックスではない、と知っているから。
この葛藤。
これが映画に撮られている。
サンニには、死も含めて、それがアレックスだと受け容れているのだろう。

アレックスのフリーソロに影響を及ぼすものにはもうひとつあり、それは映画を撮っているクルーそのもの。
安全装置もなく、自分の手と足だけで登るフリーソロでは、技術もそうだが、精神を通常に保つことだが、やはり他者に見られることで、メンタルに影響を及ぼしてしまう。
撮る側の葛藤も描かれている。

終盤のエル・キャピタンのフリーソロは、本当にスゴイ。
息をのむとはこのこと。
くりかえすが、本当にスゴイ。

評価は★★★★☆(4つ半)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:64本
 外国映画54本(うちDVDなど 7本)←カウントアップ
 日本映画10本(うちDVDなど 1本)

旧作:2019年以前の作品:68本
 外国映画49本(うち劇場鑑賞12本)
 日本映画19本(うち劇場鑑賞 6本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月13日 11:43
私も見ましたー!近いうちに、レビューをUPします!
高所恐怖症なので、もうずっと冷や冷やしっぱなしで、変な汗が出ました。
特にクライマックスは、怖かった~。もう見ていられない!というカメラマンにめっちゃ共感しました~!(笑)
じゃむとまるこ
2019年09月14日 09:02
こんにちは。
このところ映画館に行くのが厳しい状態で、でも明日ようやく時間ができそうなので見に行く予定をしています。
りゃんひさ
2019年09月14日 11:04
トリトンさん

わたしも高所恐怖症ですが、意外と平気でした。
彼の精神状態が乗り移ったのかしらん?
りゃんひさ
2019年09月14日 11:06
じゃむとまるこさん

わたしも9月1週目は劇場に出かけることができなかったので、2週目にまとめて観に行っています。
それでも、見逃し作品はやっぱりでるようで・・・
本作、是非ご鑑賞ください。