『ねことじいちゃん』:猫かわいい、ドラマ散漫 @DVD・レンタル

ねことじいちゃん.jpg

ことし2月に公開された『ねことじいちゃん』、DVDで鑑賞しました。
前置きなしで、さて、映画。

過疎化が進む小さな島。
この島は高齢者も多いが、猫も多い。
妻に先立たれた元小学校校長・大吉(立川志の輔)もそんな高齢者のひとり。
いまは飼い猫のタマとのふたり暮らし。
そんなある日、まだ若い美智子(柴咲コウ)が島にやっ来ておしゃれなカフェをオープンさせた・・・

といったところから始まる物語で、監督は動物写真家、特に猫の写真が有名な岩合光昭
なので、どれだけ猫の自然な可愛らしさが撮れているか、ということが眼目の映画。

その意味では、前半は充分満足、合格点以上。
猫が自然で可愛らしく、画面のそこかしこに映し出されています。

が、中盤以降は人間のドラマ部分が多くなってきて、かなり退屈。
途中、うつらうつら・・・といった状況。

ま、ドラマがないと映画は成立しないのかもしれないけれど、散漫なドラマだったらなくてもいいのにニャー。

なお、ロケ地はアートの島として有名な愛知県佐久島だそうです。

評価は、★★☆(2つ半)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:66本
 外国映画55本(うちDVDなど 7本)
 日本映画11本(うちDVDなど 2本)←カウントアップ

旧作:2019年以前の作品:68本
 外国映画49本(うち劇場鑑賞12本)
 日本映画19本(うち劇場鑑賞 6本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント