『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』:彼がひとびとを魅了するのは・・・ @DVD・レンタル

こんな夜更けにバナナかよ.jpg

昨年末から年頭にかけて公開された『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』、DVDで鑑賞しました。
「愛しき実話」までがタイトルなのね。
謳い文句かと思っていました。
前置きは短く、さて、映画。

北海道札幌市、筋ジストロフィーを患っている30代の鹿野靖明(大泉洋)。
10代前半で発症し、現在動かせるのは首から上と手だけ。
普通ならば、寝たきりになるところだが、周囲のボランティアたちの介助により、車椅子で生活をしている・・・

といったところから始まる物語で、主人公はとにかくよく口が回る。
タイトルのバナナのエピソードは巻頭すぐに描かれているが、このあたりで、かなり不愉快になってくる。

ひょんなことから、新たにボランティアに加わった美咲(高畑充希)がいうように、「アンタ、何様」である。
彼の状況はわかるが、夜更けに、自宅に買い置きのないバナナを食べたいというのは、やはりわがまま。
彼が健常者だったら、一蹴されるのが普通だろう。

「オレのわがままは命がけなんだよ」と彼はいう。
たしかに、そうかもしれない。そうだろう。

でも、好きになれない。
けれど、周囲のボランティアは彼に惹かれている。
美咲も惹かれていく。
なぜだろう。

それは、後半、美咲の恋人の医学生・田中(三浦春馬)にいうように、彼は正直に生きているのだ(24時間だれかの介助を必要とする彼には、何かを隠して生きていくことができないからでもあるが)。
その正直さ、それはときには過度に行き過ぎてしまうが、それが周囲のひとを魅了するのだろう。
だれも、こんなには正直に生きることはできないから。

だから彼が時々発する感謝の言葉が、周囲の人々の心に突き刺さってくるのだろう。

それはよくわかるのだが、やはり、わたしには彼はちょっと無理だわ。

評価は、★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:67本
 外国映画55本(うちDVDなど 7本)
 日本映画12本(うちDVDなど 3本)←カウントアップ

旧作:2019年以前の作品:68本
 外国映画49本(うち劇場鑑賞12本)
 日本映画19本(うち劇場鑑賞 6本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月25日 23:49
確かに、我がままで困った人でしたね~。
ボランティアに対して、もう少し配慮があってもいいだろ、と思うのですが。
後半で、なぜ親に頼らないのか、彼の真意を知った時には涙が止まりませんでした。
彼の正直さ、ひたむきさも、人としての大きな魅力で、感動的でした。
りゃんひさ
2019年09月26日 23:05
トリトンさん
コメントありがとうございました。

ボランティアの語源は、志願兵なので、死ねといわれれば死ぬひと、の意味です。
でも、いまは、そんなひとはいないので、基本はサポーターです。
サポートするひとと、されるひとは対等でなければならないのですが、そこんところが誤解されているように感じます(この映画云々でなくて)。
じゃむとまるこ
2019年09月28日 18:12
この映画は食指が動きませんでした。
何というか、好みでない臭いが・・・・
大泉洋さんが苦手かな~~この方、悪役をやるととても魅力的になるように思います・・・人の二面性を描くというような映画とか。
りゃんひさ
2019年09月29日 10:33
じゃむとまるこさん

大泉洋、悪役をやるといいかもしれませんね。
この映画でも、嫌味なところがあるので、二面性があるといえばあるかもしれませんが。