『ボーダー 二つの世界』:いささかグロテスク(かもしれない)な北欧版『もののけ姫』 @ロードショウ・単館系

ボーダー二つの世界.jpg

北欧スウェーデンとデンマーク合作の『ボーダー 二つの世界』、ロードショウで鑑賞しました。
ポスターの図案などから一筋縄ではいかぬ雰囲気がぷんぷんしますが・・・
さて、映画。

スウェーデンの港の税関で働くティーナ(エヴァ・メランデル)。
容姿は醜いが、人間のある種の感情を嗅ぎ分ける特殊な才能があり、違法物の持ち込みを監視するのに非常に役立っている。
共に暮らす男性はいるが、男の性欲は撥ね退けており、真に心を開く相手はいない。
そんなある日、港の税関にティーナに似た風貌のヴォーレ(エーロ・ミロノフ)がやって来る。
ある種のにおいを感じたティーナであったが、ヴォーレの身辺からは違法なものは出なかった・・・

といったところから始まる物語で、『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの同名短編小説を映画化した作品。
なので、ティーナとヴォーレが一般的な人間ではないだろう、というのは観る前から予感するし、実際、その通り。

ふたりが何者か、ということは映画中盤で明らかになるが、何者であるかということが焦点ではなく、その後、ふたりがどのような決断をするのかというところへ巧みに物語を進めていくあたりは、いわゆるゲテモノ映画と一線を画すところ。
とはいえ、ふたりの何者であるかがわかるシーンとその前後の描写は、彼らの生態を丹念に撮っているので、かなりびっくりさせられる。
ここいらあたりが、R18+というレイティングになっているのだろう。

ふたりが何者であるかという物語と並行して、冒頭近くでティーナが税関で発見する児童ポルノ犯罪の内幕を探る物語が描かれるが、それが、映画の後半でふたりに絡んでくる。
そして、この事件が、ティーナにどう生きるかを選択させることになる。

そういう意味で、物語の主題はふたつある。

ひとつはティーナが何者であるか。
不確かな自分のアイデンティティを探す物語。

もうひとつは、自分が何者であるか(アイデンティティ)を知った上で、どう生きるか。
人間ではないと自覚した上で、人間社会のルールに則って生きようと決意する。

終盤、ティーナがヴォーレに言う言葉が切ない。「これ以上、他のひとの悲しむ顔を見たくない」

共感を土台にした上での人間社会の選択。
孤独であったティーナが言う言葉であるが故に切なく、重い。

そして、最後の最後にティーナのもとに届くもの・・・

「二つの世界」という副題を付けたのは大正解であろう。

こちらの想像を遥かに超えていく世界観を見た想いがする。
いささかグロテスク(かもしれない)な、北欧版『もののけ姫』といってもいいかしらん。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:82本
 外国映画64本(うちDVDなど11本)←カウントアップ
 日本映画18本(うちDVDなど 4本)

旧作:2019年以前の作品:76本
 外国映画51本(うち劇場鑑賞13本)
 日本映画25本(うち劇場鑑賞10本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年10月24日 23:24
こちらでは、11月1日より公開で、楽しみに待っている作品です。
R18指定なのが気になっていましたが、エロじゃなくてグロの方ですね。
まあ、今となっては耐性が出来ているので、大丈夫です。(笑)
りゃんひさ
2019年10月24日 23:43
トリトンさん

そちらでは公開まだ先なんですね。
グロだけでもないので、そこいらあたりは耐性が出来ているかどうか・・・大丈夫かしらん。
じゃむとまるこ
2019年10月26日 22:49
こんばんは。
これは観るのが怖いような・・・
触れてはいけない世界を見るような、そんな感じを想像しますが・・・グロは苦手です。
内容はよさそうですね~。
りゃんひさ
2019年10月26日 23:49
じゃむとまるこさん

これは「観るのが怖い」作品ですが、じゃむまるさん好みの内容かもしれません。
ただし、グロテスクな面がありますので・・・