『翔んで埼玉』:東映にしか出せないやけくその猥雑さ @DVD・レンタル

翔んで埼玉.jpg

ことし春先にロードショウされてスマッシュヒットした『翔んで埼玉』、DVDで鑑賞しました。
登場する人物や地名は実在のものと関係ありません、と断っているが・・・
さて、映画。

東京都からひどい差別を受けている埼玉県。
東京のとある超名門校でも、都知事の息子で生徒会長の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)によって、埼玉県人は非道な迫害を受けていた。
そんなある日、アメリカから、容姿端麗の麻実麗(GACKT)が転校してくる・・・

といったところから始まる物語で、とにかく埼玉への悪口雑言を並べ立てる前半から、後半、埼玉解放戦線と千葉なんちゃら戦線との川を挟んでの集団合戦まで、ぶっ飛び度は最近の映画では図抜けている。

こういう映画を製作するあたり、さすがは東映。
こんなにヒットするとは思っていなかったはず。
『トラック野郎』シリーズや鈴木則文が少年コミックを映画化した作品群に通じる、やけくその猥雑さが魅力。

調子こいて続編を作ると・・・大コケみたいな感じがするので、つくらない方がいいと思うのだけれど。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:84本
 外国映画64本(うちDVDなど11本)
 日本映画20本(うちDVDなど 5本)←カウントアップ

旧作:2019年以前の作品:77本
 外国映画52本(うち劇場鑑賞13本)
 日本映画25本(うち劇場鑑賞10本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年10月28日 22:31
観賞しましたが、イマイチ実感としてピンとこない部分が多くて、乗れませんでした。
多分、東京や少なくとも関東に住んでいて馴染みがあれば、すごくあるあるで面白いんだろうな~、と想像は付きましたが。
りゃんひさ
2019年10月28日 22:57
トリトンさん

関東圏に住んでいないとこの映画で誇張されているような地域格差はわからないかも。
なので、全国的にヒットした理由は、ちょっと不明ですね。