『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』:『エデンの東』と貴種流転の英雄譚 @ロードショウ・シネコン

SWスカイウォーカーの夜明け.jpg

ついにシリーズ完結の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、ロードショウで鑑賞しました。
アナキン、ルーク、ベンと続く、スカイウォーカー家の物語の最終章・・・
さて、映画。

帝国ファーストオーダーの最高指導者の地位を得たカイロ・レン(アダム・ドライバー)。
しかし、彼は死んだはずの皇帝パルパティーンの声を聞く。
一方、最後のジェダイ・マーター、ルークの遺志を引き継ぎ、一層のフォースが強力になっていくレイ(デイジー・リドリー)は、レンとの精神感応の度合いを高め、異空間で互いのライトセーバーで切り結ぶまでに至るようになる・・・

というところから始まる物語で、エピソードIVで死んだと思われていた皇帝が復活し、ファーストオーダーはより強大になっていく中での、スター・ウォーズ・サーガの完結編。
どこへ行きつくのか、というのが大きな関心で、シリーズの骨幹はアナキン、ルーク、ベンと続く、スカイウォーカー家三代に渡る物語。

この「三代に渡る物語」といえば、すぐに脳裏に浮かぶのが『エデンの東』。
スタインベックが描いた三代の物語で、映画化されたのは三代目・キャルの物語なので、そんな大河ドラマだったことを知らないひとは多いかもしれない。
両親の愛情を受けられなかったと背を向け、かつ、戦争という状況下を利用して両親の(特に母親の)愛を乞うのがキャルだった。

そんなナイーブさは、ダークサイドとライトサイドの間で揺れ動くカイロ・レン(本名ベン・ソロ)にイメージが被る。
スカイウォーカー家の血脈でありながら、スカイウォーカーでなく、ソロ(孤独、さらにソロウ=悲しみ)の名前を持つ青年。

サブタイトルの「スカイウォーカーの夜明け」は、そんなベン・ソロがスカイウォーカーの名を継ぐのかと思いきや・・・
ええええええ!
スカイウォーカーの名前を継ぐのは彼ではない。
たしかに、祖父アナキンが、ダークサイドのダース・ベイダーから再びジェダイのライトサイドに戻ったように、彼もまた、フォースを善きことに用い、かつ母親レイアに認められるのであるが、名は継がない。

名を継ぐのは・・・

レイである。
彼女の出自が明らかになり、ダークサイドに深い血脈でありながら、ライトサイドの人間としてスカイウォーカーを名乗る。
なるほど! と唸らされると同時に、驚きも隠せない。
レイの物語は、多くの英雄譚にあるような「貴種流転」の物語の変型であるから、源流は悪にある「貴種」ということになる。
まぁ、「実は王様の子ども」というような、旧来の貴種流転の物語が現代に通用するはずもなく、出自にかかわらず誰もが善きひとになれる・・・というメッセージなのかもしれないが。
(穿った観方をすると、ルーカスの名を継いだディズニーの源流は悪、って吐露しているのかもしれないが)

何はともあれ、大団円と言っていいでしょう。

最後に気になったのだけれど、あれほどレンとレイがフォースで交感していたのは、やはり血脈上の繋がりがあったのではなかろうかしらん。
つまり、アナキンの父親は、実は、パルパティーン・・・って、そんなことはないか。

評価は★★★★☆(4つ半)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:115本
 外国映画87本(うちDVDなど20本)←カウントアップ
 日本映画28本(うちDVDなど 9本)

旧作:2019年以前の作品:81本
 外国映画56本(うち劇場鑑賞14本)
 日本映画25本(うち劇場鑑賞10本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年12月24日 18:18
レンとレイは、血脈上の繋がりより、愛があったって事じゃないんですかね~。最後のあの行為からも・・・。
まあ、大団円は迎えましたが、随所でエピソード8が無かったことになっているような感じがしました。
りゃんひさ
2019年12月24日 23:53
トリトンさん

コメントありがとうございます。
レンとレイに愛があり、眠れる姫(レン)を王子(レイ)が目覚めさせた・・・ということも感じたのですが、書き忘れまちゃいました。
そういう感じがあって、貴種流転の英雄譚(レイ=王子)と書いたのですが・・・
まあ、大団円でいいんじゃないかしらん。
ディズニーはまだまだ作る気満々のようですが、オールドファンは、これにて一巻の終わり、でございます。