『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』:過去作のあらすじもついている、これだけでもOK @試写会

ヒックとドラゴン3.jpg

年末公開の米国アニメ映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。
シリーズ3作目で、最終作完結編です。
さて、映画。

亡き父を継いで、ドラゴンライダーのバイキングのリーダーとなったヒック。
彼らがドラゴンたちと暮らすバーク島は、救助保護してきたドラゴンたちで過密状態だった。
そんな中、周囲の海ではドラゴンハンターが横行していた。
密猟されるドラゴンたちを救ってきたヒックたちだったが、彼らの前に、最強のドラゴンスレイヤーが現れる。
ヒックは、かつて亡き父が、海の向こう、巨大な滝の先に、ドラゴンたちが生まれる島があるといっていたことを思い出し、新天地に旅立つことを決意する・・・

といったところからはじまる物語で、ヒックと相棒のドラゴン・トゥースを軸に先のような物語が展開するのだけれど、この映画はシリーズ3作目。
日本では、1作目は特定のシネコンチェーンで公開されたが、2作目は劇場未公開。
その後、本国でテレビシリーズ化され、テレビ版も含めて、DVDリリースはされているが、全般的には知名度は低い(はず)。
なので、冒頭に、前2作のおさらいがついているので、物語にはすんなり入っていけるはず。
わたしは1作目はDVDで観ていたが、2作目は未見だったので、ふんふん、なるほど、と思いました。

さて、物語であるが、ヒックたちと悪漢たちとの対決物語にはあまり目新しいところはないが、アクションシーンはかなり迫力はある。

映画での見どころは、そんなアクションシーンよりも、ヒックの相棒トゥースが、自分と同じ種族の雌ドラゴン(ライトフューリーと名づけられる)とのエピソード。
雌ドラゴンと出逢って恋をし、浜辺で求愛のダンスをし、洋上と雷雲のなかをランデブーする。
美しい音楽を背景に、優美でかつユーモラスな動きで魅せてくれる。

この映画では、ドラゴンたちは人間の言葉はしゃべらないので、このエピソードが際立つ。
古くはディズニーの『シリー・シンフォニー』シリーズや『ファンタジア』を彷彿とさせる。

そして、もうひとつ。
少々ネタバレになるが、海の向こうにの巨大な滝つぼの中には、地球空洞説(かつてのSFではちょくちょく登場した)を彷彿とさせるドラゴンたちの世界があり、その世界はきらびやかで美しい。
このエピソードも途中まで、台詞がなく、音楽との相乗効果が活きています。

物語的には、どことなく「出エジプト記」を思い出したり、あ、動物保護なのかしらんとか思うところもあるが、動力のすべてをドラゴンの力か人力、もしくは風力に頼っているあたりのローテク・メカニカル感もおもしろく、予想以上に愉しめました。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:107本
 外国映画80本(うちDVDなど19本)←カウントアップ
 日本映画27本(うちDVDなど 9本)

旧作:2019年以前の作品:79本
 外国映画54本(うち劇場鑑賞14本)
 日本映画25本(うち劇場鑑賞10本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年12月04日 17:58
シリーズ3作目って知らなくて、え?!そうだったの?ってビックリしました。
読み進めると、1作目、2作目は・・・という事で納得。
全2作は見ていないけど、観賞をどうするか迷っている作品です。
主人公の男性、ちょっとジェイク・ギレンホールに似ていると思いません?(笑)
りゃんひさ
2019年12月04日 22:21
トリトンさん

>主人公の男性、ちょっとジェイク・ギレンホールに似ていると思いません?(笑)
→最後の最後に髭が生えて、そっくりになりますよ。