『パラサイト 半地下の家族』:「なんじゃぁ。そりゃぁ」的なちゃぶ台返しをしたくなった一篇 @ロードショウ・シネコン

パラサイト韓国映画.jpg

昨年のカンヌ映画祭での最優秀賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』、ロードショウで鑑賞しました。
監督はポン・ジュノ
デビュー作『ほえる犬は噛まない』から『母なる証明』までは欠かさず観たが、どうにも好きになれない監督だなぁ・・・と思うことしきり。
さてさて・・・

ソウル(かどこかの大都市)に暮らすキム一家。
両親と息子・娘という四人家族。
暮らしているのは、下町。
文字通りの下町。
彼らが暮らすのは、坂の下の半地下の一室。
だが、ある日、息子の幼馴染が、海外留学するので後釜として、坂の上の金持ち一家の娘の英語家庭教師をしてほしい、という話が転がり込み、ひょんなことから妹も父も母もその一家で雇われるようになる・・・

というところから始まる物語で、ひょんなこととはいったものの、父・母の就職には悪知恵も働いている。

で、この序盤(といっても40分ぐらいあるか)は、いわゆる「なりすまし」映画で、なりすまし映画というのは、個人的に大好きな『街の灯』『独裁者』『トッツィー』に至るまで枚挙にない。
つまり、「伝統的」な映画のジャンルなわけで、このジャンルでは、この後の展開はおおよそ決まっており、なりすましたことがバレるかバレないか、バレることに対して主人公たちがどのような葛藤があるのか、バレた時にどのように落とし前をつけるのか・・・というあたりである。

この展開には図らずも善と悪の葛藤が盛り込まれており(いかなる理由であっても、なりすますことに主人公は葛藤を抱える)、そこがドラマチックなのだが、この映画では、そこんところをすっ飛ばしている。

結局、彼らの正体(つまり本体。アイデンティティともいえる)を見抜くのが、同じ立場の人間であり、なりすまされた側(こんな言い方があるかどうかは不明だが)は、なんだかイヤな気がする(においがする)んだとしか言わせていない。

どうにもこうにも、ここいらあたりの善悪観念というか理念というかが曖昧かついい加減なので、「もうひとつの家族」が登場してからが、まるで面白くない。
どうなるのかしらん・・・とは思いつつも、「どうでもいいよ」的な感じになって、クライマックスの修羅場に至っては、「またも、修羅場!(中盤の繰り返し)」と思ってしまい、鼻白む思いでした。

個人的には、大豪雨により「半地下一家」の部屋が水没するとともに、地響きを立てて丘の上の豪邸が崩れ落ち、半地下一家も富豪一家も、もうひとつの家族も大切なひとが生き埋めになって・・・ぐらいの形而上的な展開が欲しかったところ。
(そんなこと、ありえない・・・ぐらいの展開がないと落ち着きが悪い、そう感じたわけで)。

個人的には、ジャンル映画の枠を超えようとしてがジャンル映画の定石も周到出来ず、かつ予想されたカタストロフィに落ち着いて、さらに、お尻がこそばゆい親子の情愛に落ち着く・・・という、ま、観ているうちは面白かったけど、「なんじゃぁ。そりゃぁ」的なちゃぶ台返しをしたくなった一篇でした。

評価は★★(2つ)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 5本
 外国映画 3本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 2本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 1本
 外国映画 0本(うち劇場鑑賞 0本)
 日本映画 1本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年01月18日 14:38
あら、意外と評価が低い。
ポン・ジュノ監督作は全部見ていますが、過去最高傑作だと思いました。
豪雨でもびくともしない高台の豪邸に対し、半地下だと死活問題。
格差が段差となって表現している対比も、見事でした。
りゃんひさ
2020年01月18日 14:45
トリトンさん

>豪雨でもびくともしない高台の豪邸に対し、半地下だと死活問題。
このあたりが、個人的には常識的すぎて・・・
ポン・ジュノ監督とは相性悪し、です。
じゃむとまるこ
2020年01月23日 22:44
★2とは厳しいですね~。
わたしも「母なる証明」を観て、好みではないな~と思ったのですが、本作・・・・・好みかどうかはともかくとして面白かったです。
形而上的展開というのはムムム・・・良いような!
りゃんひさ
2020年01月23日 23:04
じゃむとまるこさん

本作については、宣伝も上手いかも。
中盤以降の展開は完全隠蔽、受賞歴を掲げて・・・
でも、やっぱり、面白くなかったんだもの。
2020年01月24日 15:28
こんにちは。拝見しました。そうですか、そうですか。
私は本作大変気に入ったのですが、書かれていらっしゃることについてもよーくわかります。
ところでなりすまし映画で、なりすましたままバレずに結末を迎えるのってあまり無いですよね?!そういうのがあったらそれはそれで面白そうなのに、と、ふと興味が湧きました。調べてみようかしら?
りゃんひさ
2020年01月24日 15:35
ここなつさん

コメントありがとうございました。
>なりすましたままバレずに結末を迎えるのって
あるかしらん? バレなければ、別のジャンルの映画になりそうです。例えば、詐欺映画とか・・・