『ロマンスドール』 :美しい夫婦愛の物語を期待すると・・・ @ロードショウ

ロマンスドール.jpg

タナダユキ監督最新作『ロマンスドール』、ロードショウで鑑賞しました。
タナダ作品、映画では『百万円と苦虫女』『ふがいない僕は空を見た』『四十九日のレシピ』『ロマンス』『お父さんと伊藤さん』と観てきました。
どれも、すこし気になる、すこし面白い、すこし可笑しい・・・といったところ。
つまり、傑作ではないけれども、個人的には気になる映画を撮りつづけている、といったところかしらん。
さて、映画。

美大を卒業した後フリーターをしていた哲雄(高橋一生)は、大学時代の先輩からで働き口を紹介される。
そこは、アダルト用品としてのラブドールを制作する下町の工場(こうば)。
試作品をつくった哲雄に対して、社長はダメだと一喝。
より本物らしく・・・を目指した哲雄と先輩造形師・相川(きたろう)は、医療用の再生乳房の型取りと偽ってモデルを募集する。
やって来たのは若い美術モデルの園子(蒼井優)。
一目惚れした哲雄は、思い切って告白し、ふたりは結婚するのだが・・・

といった物語だが、巻頭、ふたりのラブシーンが描かれ、これが10年間の物語であることが哲雄のモノローグで語られることから、すぐに展開は察しが付く。

語る側は残り、語られる側は消える・・・というのが定石。
どう消えるか・・・というのも、観ていく途中で「あ、そうなんだ」となるぐらいの定石のパターンの、不治の病。

で、映画として、難病ものかというと、そんなことはなく、なんだかヘンテコリンというか妙ちくりんとでもいうような感覚に囚われる。

ラブドール職人として、人間に近い(というか同じくらいのレベルの)ラブドールをつくりたいが故に、愛するひとをモデルにする。
江戸川乱歩のような、ある種の変態性が感じられる。

そこへ行きつくまでの終盤、文字で書くとすさまじい。

愛して、愛して、愛し抜く・・・
ここでの「愛して」は、「心底」というよりも、「体の底」から愛し抜く。
病身の妻をひたすら抱き続けるハナシなわけで、これを女性監督が撮っているのだから、体の底から愛してほしい、という夢・憧憬なのだろうか・・・とも思う。
ただし、「男と女の間にはアレしかないんよ」というロマンポルノの名台詞を思い出したが、演じているのが高橋一生と蒼井優なので、ねっとり感に乏しく、綺麗になりすぎたきらいがあって残念。

美しい夫婦愛の物語を期待すると、ちょっと透かされる感じがいい映画でした。

追記>
中盤、園子が哲雄に「隠していることがあるでしょう」と問い詰め、結局、ふたりが浮気の告白をするシーンは、微妙な間合いがあって面白い。
しかし、園子の浮気相手、誰なのかしらん?
3日間の外泊の後、べろべろに酔っぱらった園子を送って来た相手ではないだろうからね。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 10本
 外国映画 6本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 4本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ

旧作:2020年以前の作品: 9本
 外国映画 5本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画 4本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年02月05日 22:30
人形とはいえ、妻にそっくりな物を100人以上の男性が・・・って、男からして複雑じゃないのかな。なんか、色々気持ち悪かったです。
私も、病気オチが冒頭で読めてしまった。

園子を送って来た男性、「何も知らないんですか?」って言う事は、自分は知ってるってことですよね。親にも夫にも言えないのに、友人?浮気相手?には言えるのもよく分からなかったです。
りゃんひさ
2020年02月05日 22:41
トリトンさん

>人形とはいえ、妻にそっくりな物を100人以上の男性が・・・
っていうのは、個人的にはダメなんですけど、俺の女はいい女なんだぁ、っていう気持ちもあるのでしょうなぁ。

>園子を送って来た男性、「何も知らないんですか?」って言う事は、自分は知ってるってことですよね。
これは、よくあることだと思うのですが、秘密を吐露するのは、あまり親しくない相手・・・その方が気が楽、だと思うのですが。
ただ、「ちょっと検査入院。どれぐらいかはわからないけど・・・」レベルの告白だと思いました。
送って来た相手も「奥さんが検査入院しているのに、呑気な旦那だぁ、くそぉ、こんないい奥さんを!」ってところだと思いました。