『嵐電』 :「狐が車掌の路面電車」が本当に現れそう @DVD

嵐電・映画.jpg

昨年初夏公開の日本映画『嵐電』、DVDで鑑賞しました。
監督は『ゲゲゲの女房』の鈴木卓爾
キネマ旬報選出のベストテン入り作品です。
さて、映画。

京福電気鉄道嵐山線、通称「嵐電(らんでん)」。
嵐電にまつわる不思議な話を集めて作品しようとしている、鎌倉から来たノンフィクションライター(井浦新)。
8ミリカメラで嵐電を撮影する地元の少年と出逢った、青森から修学旅行で京都にやって来た女子高校生。
ひょんなことから映画に出る羽目になり、東京から来た新人俳優と知り合いになった、撮影所近くのカフェに勤める若い女性。
そんな三組のちょっとした物語に、「狐が車掌の嵐電に乗ったカップルは別れる」などという、不思議な都市伝説が絡み合う・・・

という物語。

どことなく『鎌倉ものがたり』を彷彿とさせる物語で、物語的には悪くなさそうなのだけれど、全体的に台詞も演技も固く、素朴で瑞々しいというよりは、素人臭いというのが正直なところ。

と、あまり書くことがない映画だけれど、「狐が車掌の路面電車」が本当に現れそうな雰囲気だけは好ましい。

評価は★★☆(2つ半)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 27本
 外国映画19本(うちDVDなど 1本)
 日本映画 8本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 24本
 外国映画14本(うち劇場鑑賞 2本)
 日本映画10本(うち劇場鑑賞 0本)←カウントアップ
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年03月25日 20:29
今作、劇場観賞をスルーしたんですよね~。
やっぱ、正解だったかも。(笑)
りゃんひさ
2020年03月25日 21:06
トリトンさん

正解だったと思います。
じゃむとまるこ
2020年03月26日 10:39
嵐電は身近ですが、食指が動きませんでした。
りゃんひさ
2020年03月26日 23:06
じゃむとまるこさん

食指、動かして!とはいえませんなぁ・・・
ぷ~太郎
2020年03月27日 01:10
チラシなどの裏に記載されているあらすじを読むと、登場人物の名前が凝っていて(北門南天、子午線、衛星など)話も面白そうに思えるのですが、実際観ると全く面白く無い。素人芝居に付き合わされて迷惑至極という感じしかしませんでした。
台詞が聞き取りにくく、それも難点ですね。
ちゃんとした俳優さんを使ってまともに撮ったら、結構面白い話になるような気もするのですが・・・。
りゃんひさ
2020年03月27日 10:06
ぷ~太郎さん

>登場人物の名前が凝っていて(北門南天、子午線、衛星など)
あ、そんな名前でしたか。台詞も聞き取りづらく、そんなところまで気が付きませんでした。