『劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD』 :マイブームは過ぎていた @DVD

劇場版おっさんずラブ.jpg

昨年夏公開の日本映画『劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD』、DVDで鑑賞しました。
不動産会社を舞台にしたゲイ・ラブコメのテレビシリーズは、放送後にDVDで全話鑑賞しています。
さて、映画。

永遠の愛を誓った春田(田中圭)と牧(林遣都)。
その後、春田は上海・香港へ転勤。
もとの営業所へ戻って来た春田だったが、彼を愛していた部長の黒澤(吉田鋼太郎)は、ひょんなことから春田の記憶を無くし、さらに、本店からのプロジェクトで営業所も追いやられていしまう・・・

といったところから物語で、もとのテレビシリーズは結構愉しんでみていましたが、もうマイブームは去っており、さらに春田を巡っての三角関係はテレビシリーズの焼き直し。
本店がらみのビッグプロジェクトも、『釣りバカ』シリーズか、『無責任』シリーズみたいなハナシ。
バカバカしくて笑えず。

ま、映画は生もの、マイブームは過ぎていたことを改めて認識した次第。
テレビシリーズの第2弾は、1話だけ見て、ギブアップしたものね。

評価は★★(2つ)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 28本
 外国映画20本(うちDVDなど 1本)
 日本映画 8本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 28本
 外国映画15本(うち劇場鑑賞 2本)
 日本映画13本(うち劇場鑑賞 0本)←カウントアップ
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年03月28日 17:34
私は、おっさんたちが入り乱れてのサウナの場面がツボにはまり、可笑しくて可笑しくて仕方ありませんでした。(笑)
テレビのドラマシリーズ第二弾は、イマイチでしたが。
今作の劇場版は、ドラマの情熱が覚めやらない状態だったので、めっちゃ楽しめました!
ぷ~太郎
2020年04月04日 17:32
相変わらずのばかばかしい映画でしたが、観ているこちらが慣れたのか、ドラマよりは違和感が少なかったです。ハルタンも少しは人間的に成長しているしね。「ゲイ」ものというより、題名の通り、おっさんのラブなんですよね。同じおっさんとして、りゃんひささんは抵抗があったのかも・・。
りゃんひさ
2020年04月04日 21:24
ぷ~太郎さん

まぁ、「おっさん」の「ラブ」にはこんなにばからしさはありません。おっさんを切り売りされているようで腹立たしかったです。