『ジュディ 虹の彼方に』 :愛されなかった子どもが最後に深く愛される物語 @ロードショウ

ジュディ虹の彼方に.jpg

本年米国アカデミー賞主演女優賞受賞の『ジュディ 虹の彼方に』、ロードショウで鑑賞しました。
鑑賞したシネコンでは座席間隔をあけての販売でした。
まぁ、この映画、それほど一般ファンへの訴求力はないとみられたのか、元々から小さめのスクリーンでの上映。
ひとつ飛ばしての着席で、程よい埋まり具合・・・というのは、なんとも微妙な感じ。
さて、映画。

1968年前半。
『オズの魔法使』『スタア誕生』で大スターとなったジュディ・ガーランド(レネー・ゼルウィガー)。
しかし、いまは映画出演のオファーもなく、ふたりの子どもを連れての巡業ショウでホテル暮らし。
金回りも悪く、馴染みのホテルからも追い出される始末。
そんなとき、いまだ根強い人気が残るロンドンからショウの依頼が来、ふたりの子どもを元夫のシド(ルーファス・シーウェル)に預け、ロンドンに渡るが・・・

といったところからはじまる物語で、ジュディが現在のような落ちぶれた情況になってしまったのは、子ども時代から薬物摂取、それも周りの大人たちから摂取させられていたという回想を交えて、ロンドンでの舞台が交互に描かれていきます。

とにかく圧巻なのが主演のレネー・ゼルウィガーのパフォーマンス。
決して似ているわけではないのだけれど、渾身の歌唱シーンでの横顔はジュディそのもの(といっても、ジュディの映画は他には『イースター・パレード』ぐらいしか観ていないが)。
こんなに歌の上手い役者さんだったのか!との驚きもそうだが、地の部分の演技も相当。
受賞は当然といえるでしょう。

薬物依存・アルコール依存の影響で何度も何度も舞台をすっぽかしそうになる(実際、何度かすっぽかすのだが)あたりのストレス度は超々といったところかしらん。
このストレス度合いは、ワンオペ子育てマザーには、わかる、実感!って感じではないかしらん?
(一緒にしないで、って声も聞こえそうだけど)

映画は、幾度のすっぽかしを経て、最後の最後、お払い箱になった後にステージに上がって2曲歌うのだけれど、曲は『降っても晴れても』とサブタイトルの『虹の彼方に』。
後者が最後の歌になるだろうというのは、サブタイトルでもわかるのだけれど、ロンドンへついてリハーサル場の教会に連れていかれたジュディが、「わたしは音合わせは不要」と断る冒頭のシーンで、伴奏のピアニストが「Some-where」の最初の2音を鳴らしたシーンで、「あぁ・・・」と思って涙が出ました。
なので、最後の歌唱では落涙当然でした。

もうひとつ、いいなと思ったエピソードは、ジュディファンのふたりの中年ゲイカップルとのシーン。
娘のライザ・ミネリがゲイアイコンなのは知っていましたが、ジュディもそうだったのね。
このカップルのひとりが、歌えなくなったジュディに、「Somewhere Over the Rainbow」と歌いかけるところでも、胸熱になりました。

映画のラストシーンのあとに出る「どれだけ愛したかではなく、どれだけ愛されたか」の字幕、最後にほんとうに深く愛されたジュディは幸せだったのだと思いました。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 24本
 外国映画16本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 8本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 17本
 外国映画 9本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画 8本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年03月13日 19:05
レネー・ゼルウィガーの熱演とパフォーマンスが、圧巻で素晴らしかったですね。
よく、子役で大成してしまうと、大人になると悲運を辿るパターンが多いですが。
ジュディのように、周囲の大人に潰されてしまうことも多いんだろうなぁ、と思いました。
彼女の生き様が、本当に切なかったです。
りゃんひさ
2020年03月13日 22:08
トリトンさん

あ、子役で成功、長じてダメのパターンの原因は、もしかすると日米では違うかもしれません。
ドリュー・バリモアも『E.T.』後に薬物・アルコール依存だったように、ヤク漬けは米国のお家芸なのでしょう。
ぷ~太郎
2020年03月14日 21:39
演出は平凡だと思いましたが、レネー・ゼルウィガーの歌唱力には感激しました。本当に人の心に届く歌でした。
彼女なしにはこの作品は成り立たなかったと思います。
映画ですからラストシーンはあのようにしたのでしょうけれど、実際のジュディ・ガーランドはやはり不幸な女性だったと感じてしまいました。次に生まれてくるときには、平凡な人生を選んでほしいなと思います。
りゃんひさ
2020年03月14日 22:25
ぷ~太郎さん

そうですね。ジュディ・ガーランドの人生の終幕は映画のラストとは別だったかもしれません。が、最期に近づいたときに愛されていたことが実感できただけでも幸せだったかもしれません。