『ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー』 :わが魂は引き継がれる・・・という意味の原題 @DVD

ウェス・クレイヴンズ・ザ・リッパー.jpg

『エルム街の悪夢』『スクリーム』のウェス・クレイヴン監督の2010年作品『ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー』、DVDで鑑賞しました。
近時の状況から劇場での鑑賞機会も減って来、自宅買い置きDVDでの鑑賞です。
さて、映画。

米国の田舎町リヴァートン。
連続殺人鬼リヴァートン・リッパーが州内を震撼させている。
彼は7つの人格を持っており通常は怪しい人物ではなく正体は掴めなかったが、警察は自宅を突き止めた。
逮捕に向かったが、彼に致命傷を負わし、逮捕したかにみえたが、搬送される救急車に火をつけ、森に逃げ込んでしまった。
そのとき、「いつか今日まれた子どもを7人殺してやる・・・」と言い残していた。

それから16年。
あの日に生まれた7人の子どもたち(リヴァートン・セブンと呼ばれる)も16歳になったが、若者のあいだでは、その日はリッパーズ・デイと呼ばれて、ある種の肝だめし的なイベントが行われていた。
そして、その夜、リヴァートン・セブンのひとりが殺されてしまう・・・

といったところからはじまる物語。

それから16年・・・といったところからは、いわゆるスラッシャームービー、連続殺人鬼ものなので、それほど目新しくない。

興味深いのは殺人鬼リヴァートン・リッパーの設定で、7人の多重人格であるとともに、殺人鬼の魂は誰かに引き継いでよみがえってくるという設定。
よみがえってくる・・・というあたりが肝で、原題は「MY SOUL TO TAKE」、わが魂は引き継がれる・・・というでも意味か。

出来上がった映画では、そのあたりがわかりづらくなっているのだけれど、同時収録されているボツになったオープニング、エンディングではそこいらあたりがよくわかるようになっている。

ただし、ボツになった理由も逆によくわかる。
ボツ・オープニングでは、リヴァートン・リッパーの魂が主人公に乗り移っていることを示唆するシークエンスがあり、ネタバレになってしまう。
ボツ・エンディングでは、生き残った主人公に殺されたリヴァートン・セブン6人の魂が集まるようなシークエンスがあるのだけれど、かなりわかりづらく、さらに米国で望まれるハッピーエンド的エンディングとは程遠い。

とはいえ、個人的にはボツ版の両方があった方が好みですね。

評価は★★☆(2つ半)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 31本
 外国映画23本(うちDVDなど 2本)
 日本映画 8本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 29本
 外国映画16本(うち劇場鑑賞 2本)←カウントアップ
 日本映画13本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント