『夜は短し歩けよ乙女』 :大林宣彦監督『HOUSE ハウス』に匹敵する強烈さ @DVD

夜は短し歩けよ乙女.jpg

『きみと、波にのれたら』など近年注目株アニメーション監督の湯浅政明の2017年作品『夜は短し歩けよ乙女』 、DVDで鑑賞しました。
先にテレビ放映された際に観た妻から、面白いから是非、と推薦されていた作品です。
さて、映画。

京都の大学に通う黒髪の乙女(花澤香菜)。
先輩女子の結婚式披露宴の後、解放された心で、京都の街で飲み歩くことになった。
同じく、披露宴に出席していた後輩男子(星野源)も夜の街に。
この日を逃してはなるものかと、繰り出した先輩だが、意外な酒豪の乙女に告白することはできず。
そんな夜、街では、大学古株OB[たちの集い、古本市、夜を徹しての学園祭などが催されているのだった・・・

といったところからはじまる物語で、舞台設定はあるものの、基本的にはすれ違いのボーイ・ミーツ・ガールもの。
話的には目新しくもなく、どちらかと言えば散漫な感じ。

ま、普通だったら、この手のストーリーは映画にするほどではないのだろうが、アニメーション映画界の鬼才・湯浅政明にとっては、映像表現を楽しんで表現できる機会でもあったのでしょう。

とにかく、アニメーション=動かない絵が動く、という躍動感と色彩に満ち満ちている。

この後に製作したオリジナル作品『きみと、波にのれたら』以上に、鮮やかな色彩。
上手く評することができているかはわからないが、『HOUSE ハウス』で登場した際の大林宣彦監督に匹敵するのではありますまいか。

絵の動きもさることながら、後半炸裂するゲリラステージでミュージカル部分も聞くきもの。

なお、同じように京都の街中を舞台にした『鴨川ホルモー』と併せて観ると、かなり面白いかもしれません。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 33本
 外国映画25本(うちDVDなど 4本)
 日本映画 8本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 40本
 外国映画22本(うち劇場鑑賞 2本)
 日本映画18本(うち劇場鑑賞 0本)←カウントアップ
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2020年05月02日 00:35
この作品の色彩が大好きです。話は大したことはないのですが、アニメの動きとこの色使いに魅せられてしまいました。
「鴨川ホルモー」と併観することは思ってもみませんでしたが・・。
りゃんひさ
2020年05月02日 16:01
ぷ~太郎さん

「鴨川ホルモー」と「京都大学」青春映画2本立てです。
2020年05月05日 20:05
摩訶不思議な独特の世界観で、めっちゃファンタジー、でした。
カラフルで鮮やかな映像美は良かったですが、それが延々続くと次第に飽きてきて・・・。
はまる人はめっちゃはまるんだろうけど、私はイマイチ。。。

「鴨川ホルモー」は、めっちゃファンタジーで可愛くて面白かったですね。
コメディ要素が強くて、バカバカしくて笑っちゃいます。
「ゲロンチョリー」でしたっけ、しばらく頭から離れなかったです。(笑)
りゃんひさ
2020年05月05日 22:43
トリトンさん

たしかにカラフルで鮮やかな映像が延々と続くと飽きるかもね。
「鴨川ホルモー」は「ゲロンチョリー」です。栗山千明はゲロンチョリの女と家では呼ばれてます。