『ヒンディー・ミディアム』 :イルファン・カーン、ご冥福をお祈りいたします @DVD

ヒンディーミディアム.jpg

昨年初秋にロードショウされたインド映画『ヒンディー・ミディアム』 、DVDで鑑賞しました。
主演のイルファン・カーン、先ごろ他界されましたね。ご冥福をお祈りいたします。
さて、映画。

インド・デリーの下町で衣料品店を営むラージ(イルファン・カーン)とミータ(サバー・カマル)。
経済的には裕福だが、夫ラージはヒンディー語しかしゃべれない。
なので、ヒンディーの中流家庭というタイトル。
目下ミータの関心は、ひとり娘の教育のこと。
是が非でも一流の学校に入学させて、英語を覚えさせ、将来は外資系会社で働いてほしい・・・
そんな「お受験」は、日本よりも過酷。
そもそも、いくら金持ちだからといって、ヒンディー・ミディアムでは一流校の合格など無理・・・

といったところからはじまる物語で、はじめは親も含めての塾通いで、猛勉強するのだが、あえなく不合格。しかしながら、低所得者層向けの優先枠があると知り、貧民窟へ引っ越し、事業に失敗した一家を装うことに・・・と展開する。

前半の塾での猛勉強はそれほど面白いわけではないが、後半、偽貧乏を装ってからは、いわゆる「なりすまし」ものになり、俄然面白くなります。
基本のいつバレるか、もさることながら、低所得者層向けの優先枠を使うことに後ろめたさを感じ、この善悪の内的葛藤が出てくると映画の面白さが増します。

娘は合格するも、貧民窟での親切な友人の息子は不合格(合格、不合格はクジ引き!)となり・・・さらに後ろめたさは深まって・・・のクライマックス。
こんな綺麗事には行かないのは重々承知の上だが、映画の中ぐらいは善良でありたいと思うもの。

社会的問題を巧みにエンタテインメントの中に押し込めるのはインド映画のお家芸。
面白く、また、興味深く観ることができました。

前半登場する塾の女性経営者は『あなたの名前を呼べたなら』の主役ティロタマ・ショームですね。

評価はで★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 34本
 外国映画26本(うちDVDなど 5本)
 日本映画 8本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 42本
 外国映画24本(うち劇場鑑賞 2本)←カウントアップ
 日本映画18本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年05月08日 23:11
インドのお国事情と同時に、受験事情など様々な文化と社会情勢が浮き彫りになる作品でした。
興味深く、大変だなぁ~、と思いました。

イルファン・カーンが亡くなったとは、知らなかったです。
ビックリ。これが遺作ではない・・・ですよね。
りゃんひさ
2020年05月08日 23:17
トリトンさん

イルファン・カーン、亡くなったのは4月末ごろで、コロナとは関係がありません。この作品は2017年作品のようなので遺作ではないと思います。
ぷ~太郎
2020年05月11日 23:07
どこの国でもお受験は大変ですが、インドもまたしかり。英語が苦手な私には耳が痛いことばかりです。貧乏人の方が本当の慈悲の心をもってるというのはあまりにキレイ事すぎますが、まあ映画ですからね。久々のインド映画、面白かったです。
りゃんひさ
2020年05月12日 12:11
>ぷ~太郎さん

映画なので、すこしぐらいはキレイごともいれておかないと・・・ねぇ。