『姿なき訪問者』:異星人だからといって侵略者とは限らない、という50年代SF @DVD

すき間時間に買い置きDVDを鑑賞。タイトルは『姿なき訪問者』、1953年製作の日本劇場未公開作品です。 中古品を安価で見つけて購入しておいたものです。 さて、映画。 アラスカから米国西海岸に向けて未確認飛行物体が飛来。 米軍が捕捉するも、西海岸上空で失探、墜落したものと思われる。 折しも、失探地からほど近い田舎町で殺人…
コメント:0

続きを読むread more

『夢と狂気の王国』:ジブリの秘密には迫らないが、悪くないドキュメンタリー @DVD

コロナ禍の影響で、スタジオジブリの旧作アニメーション4本が劇場に登場。 正確には『風の谷のナウシカ』はスタジオジブリではないのだけれど。 そういうわけで(もないが)、宮崎駿監督を中心に撮ったドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』、DVDで鑑賞しました。 さて、映画。 2013年、スタジオジブリは2本の新作アニメーションを…
コメント:4

続きを読むread more

『モノノ怪』&『怪 ayakashi 化猫』:ジャパニーズ・ゴシック・ホラー・アニメ @DVD

妻の推薦もあって観たテレビの連作アニメーション『モノノ怪』とその前日譚にあたる『怪 ayakashi 化猫』。 正しくは『怪 ayakashi』というテレビアニメーションの「化猫」エピソードに登場する薬売り(名前はない)を主人公にしてスピンオフ化したのが『モノノ怪』なのであるが・・・ 製作は東映アニメーション。 2006~07…
コメント:2

続きを読むread more

『ペイン・アンド・グローリー』:記憶が実体となり、それが生命力となっていく @ロードショウ

お気に入り監督のひとり、スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督最新作『ペイン・アンド・グローリー』、ロードショウで鑑賞しました。 今回は、自伝的要素の強いドラマ。 さて、映画。 世界的名監督サルバドール・マヨ(アントニオ・バンデラス)。 4年前に最愛の母親を喪い、自身は全身に強い痛みがあって、創作意欲も衰えている。 そ…
コメント:6

続きを読むread more

『アドリフト 41日間の漂流』:大海原の動と静が見事なサバイバル実話 @ロードショウ

4月公開予定から2か月延びて公開されることになった『アドリフト 41日間の漂流』、ロードショウで鑑賞しました。 謳い文句がすごい! 「実話。」の一言だけ。 どんな実話かはサブタイトルが示しているという潔さ。 さて、映画。 1983年のタヒチ。 世界を旅している20代前半の米国人女性タミー(シェイリーン・ウッドリー)。 …
コメント:2

続きを読むread more

『SARS WAR サーズ・ウォー』:再現ドラマ→神頼みの映画 @DVD

2003年製作の香港映画『SARS WAR サーズ・ウォー』、廉価購入していたDVDで鑑賞しました。日本では劇場未公開です。 SARSは「重症急性呼吸器症候群」、あのサーズです。 新型コロナウィルスのコロナ禍も一定水準に落ち着いてきたので、観ることにしました。 さて、映画。 2003年の香港。 原因不明の発熱・咳症状で…
コメント:2

続きを読むread more

『その手に触れるまで』:ひとが変わる瞬間を描き続けてきたダルデンヌ兄弟 @ロードショウ・シネコン

ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の最新作『その手に触れるまで』、ロードショウで鑑賞しました。 2019年のカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した作品ですが、近作の『サンドラの週末』『午後8時の訪問者』はダルデンヌ兄弟らしさに少々欠けるなぁと思っていました。 さて、映画。 ベルギーに暮らすムスリムの少年アメッド(イディ…
コメント:8

続きを読むread more

『ティーンスピリット』:エル・ファニングの圧倒的なパフォーマンス @DVD

ことし1月にロードショウされた『ティーンスピリット』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 英国南部の離島ワイト島。 母親とふたり暮らしのポーランド移民の少女ヴァイオレット(エル・ファニング)。 ある日のこと、バイト先の寂びれたパブで歌っていた彼女は、ひょんなことからそこの常連のヴラド(ズラッコ・ブリッチ)…
コメント:4

続きを読むread more

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』:おもちゃ箱をひっくり返した感じの面白さ、可愛い顔で…

ことし3月下旬から全国ロードショウ中の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』、DVDで鑑賞しました。 コロナ禍で上映していない期間が長かったのですが、米国メジャー配給作品は概ね公開から3か月でパッケージリリースされる商習慣は従来どおりということですね。 さて、映画。 ゴッサムシティの悪のカリスマ・ジ…
コメント:6

続きを読むread more

『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』:かなり垢ぬけず泥臭い中国伝奇コメディ @DVD

ことし1月に小規模ながら全国ロードショウされたジャッキー・チェン主演作『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』、DVDで鑑賞しました。 6月に入って連日の真夏日は、暑い暑い。 気楽に楽しめそう・・・ということでのチョイスです。 さて、映画。 中国の昔の話。 妖怪ハンターで、捕まえた妖怪たちの物語にしているプウ(ジャッキー・チ…
コメント:4

続きを読むread more

『犬鳴村』:「シン・犬神家の一族」とでもいうべき昭和的怪奇映画 @ロードショウ

コロナ禍で休業していた映画館も再開し、その栄えある第一鑑賞に選んだのが、これ『犬鳴村』。 ものすごく観たかった! ということはではないのだけれど、2か月も劇場で鑑賞しておらず、身体慣らしにあまりシリアスなのもどうかしらん、という理由からのチョイス。 さて、映画。 臨床心理士・森田奏(三吉彩花)、彼女の診療を受けている幼い男…
コメント:2

続きを読むread more

『沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇』:派手さはないがジワリと恐ろしさを感じるサスペンス映画 @DVD

先に観た『甘い罠』に続いて、クロード・シャブロル監督作品、1995年製作の『沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇』 、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 フランスの田舎町での物語。 町から少し離れたところに館を構えるジョルジュ(ジャン=ピエール・カッセル)。 共に暮らしているのは、元モデルで後妻のカトリーヌ(…
コメント:4

続きを読むread more