『その手に触れるまで』:ひとが変わる瞬間を描き続けてきたダルデンヌ兄弟 @ロードショウ・シネコン

ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の最新作『その手に触れるまで』、ロードショウで鑑賞しました。 2019年のカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した作品ですが、近作の『サンドラの週末』『午後8時の訪問者』はダルデンヌ兄弟らしさに少々欠けるなぁと思っていました。 さて、映画。 ベルギーに暮らすムスリムの少年アメッド(イディ…
コメント:8

続きを読むread more