『コリーニ事件』:主題はいいのだけれど、人間関係がいまひとつ興ざめ @ロードショウ


コリーニ事件.jpg
6月中旬から上映が始まったドイツ映画『コリーニ事件』、ロードショウで鑑賞しました。
ドイツのベストセラー小説の映画化ということですが、原作は未読。
さて、映画。

世紀が改まった頃のドイツ。
ホテル最上階の一室で経済界の大物ハンス・マイヤーが銃で殺害される。
犯人(フランコ・ネロ)は直ちに捕らえられ黙秘を続けている。
トルコ人で新米弁護士のカスパー・ライネン(エリアス・ムバレク)は予審に立ち会い、犯人の弁護を引き受ける。
資料には本名で記載されていたので気づかなかったが、殺害されたハンスはカスパーの大恩人。
さらに、ハンスの唯一残された遺族の孫娘ヨハナ(アレクサンドラ・マリア・ララ)とは恋仲だったことがあった・・・

といったところからはじまる映画で、主要人物の関係だけを取り出すと、やや興ざめな人物配置の感がありますが、黙秘を続ける犯人の動機を調べると・・・と、俄然、面白くなってきます。

犯人ファブリツィオ・コリーニはイタリア出身。
殺害されたハンスも高齢で、年齢から逆算すると、第二次世界大戦が絡んでいることは、映画中盤で察しがつく。

とすると、サスペンスを盛り上げ、引っ張る要素は、コリーニがハンスを殺害した動機が「下劣な動機」かどうか(これにより罪の重い謀殺となるか、軽い故殺となるかに分かれる)となるのだけれども、映画の決着はそこのところにない。

ナチスドイツが第二次大戦中行った非道行為を糾弾するのではなく、戦後、復興中のさ中の60年代に、旧ナチスの戦争犯罪人たちにお目こぼしをするような悪法をつくっていた、いわゆる「臭い物に蓋をする」以上のことをしていたことを白日に晒すところにあった。

この大戦中のみならず、戦後の歴史上の誤りを正そうとする主題には共感できるのだけれど、サスペンス描写や法廷シーンなどは、やはりぬるく感じてしまいました。
やはり、主要人物の相関が、興ざめなのかもしれません。
カスパーとヨハナの関係がサスペンス醸成に寄与していないような・・・・

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 45本
 外国映画36本(うちDVDなど10本)←カウントアップ
 日本映画 9本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 57本
 外国映画36本(うち劇場鑑賞 2本)
 日本映画21本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年07月05日 10:28
法廷サスペンスの裏に、戦後処理の正しい在り方を問う作品でしたね。
ドイツが過去の過ちに真摯に向き合おうとしているところに、素晴らしいな、と思いました。
りゃんひさ
2020年07月05日 13:27
>トリトンさん

真摯な映画でした。その姿勢は見習わなければなりませんね。
じゃむとまるこ
2020年07月05日 18:24
ぬるい感じというのは同感です。
映画的面白さを優先したのかな、とも思いますが。
原作から省略された部分、付け加えられた部分というのが伝わってきて、原作がどれほど面白いかが想像できる、というところに問題ありかなと思いました。
りゃんひさ
2020年07月05日 23:53
>じゃむとまるこさん

原作のほうが面白そうですね。
2020年07月13日 17:58
こんにちは。ご覧になったのですね!
りゃんひささんには「傑作」とまではいかなかったようですが、私はこの作品、文学的な要素も含めてとても傑作だったと思います。
色々な想像を巡らせる作品でもありました。
カスパーとヨハナの関係については同意ですが、ま、本題じゃなかったからだ、ということで。
りゃんひさ
2020年07月13日 20:31
>ここなつさん

「傑作」まではいかなかったですが、「良作」でした。コリーニを演じたフランコ・ネロが素晴らしかったです(といってもエンドロールが出るまで彼だと気づかなかったのですが)。