『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』:神父による性的児童虐待事件を被害者側から描く力作 @ロードショウ

好きな映画監督のひとり、フランソワ・オゾン監督最新作『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』、ロードショウで鑑賞しました。 前作『2重螺旋の恋人』では、あまりのエログロで辟易したひとも多いかもしれません。 今回は、実際の事件を基にした社会派実話ドラマ。 さて、映画。 仏国リヨンで妻と5人の子どもたちと暮らす金融マンのアレクサ…
コメント:6

続きを読むread more