『ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を』:異色作なれど、途中から退屈しちゃったな @DVD

ブラブラブラ.jpg

ことし1月に単館系ロードショウされた『ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を』、DVDで鑑賞しました。
監督は『ツバル』『ゲート・トゥ・ヘブン』『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』のファイト・ヘルマー
観るのは、これが初めて。
さて、映画。

カスピ海に面した国、アゼルバイジャン(たぶん)。
港と山内陸部を結ぶ鉄道の老運転士ヌルラン(ミキ・マノイロヴィッチ)。
定年間近のある日、運転席の前に青いブラジャーが引っ掛かっているのを発見。
といのも、列車が運行していないときは、沿線住民が線路の上でくつろいだり、洗濯物を干したりしているから。
まじめなヌルランは、ブラジャーの持ち主を探すべく、沿線の家を一軒ずつ巡っていく・・・

といったハナシ。
それを一切のセリフを排して、ユーモラスに長閑に描いているのが、この映画の特色。

風景や暮らしぶりなど興味深いところは多いのだけれど、長閑なテンポで、同じような繰り返しなので、途中から退屈してきました。

と、これぐらいしか書くことがありません。
90分の尺だけれど、もう20分ほど短くてもいいかもしれません。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 52本
 外国映画42本(うちDVDなど13本)←カウントアップ
 日本映画10本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 63本
 外国映画39本(うち劇場鑑賞 4本)
 日本映画24本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2020年08月06日 15:07
まあね、確かに話はあるようでないんですけど、実はないようであったりもするんですよ。主人公が訪ね歩く各家の女性たちは、皆同じようでいて違う事情をかかえていたり、女性の社会的地位とか、求婚の仕方とか、異国の風情を何となく垣間見れて、ちょっと面白かったです。