『朝が来る』:力作 @ロードショウ

朝が来る.jpg

河瀬直美監督最新作『朝が来る』、ロードショウで鑑賞しました。
河瀬作品には珍しく、辻村深月による同名小説が原作(未読)。
2016年には、東海テレビによってドラマ化されているが、これも未見。
さて、映画。

清和(井浦新)と佐都子(永作博美)の栗原夫妻には、朝斗(佐藤令旺)という幼稚園児の息子がいる。
清和と佐都子は長年、不妊治療を行ってきたが、清和が無精子症であることが判明し、高度な医療技術を試みても、ふたりの間に子を生すことはできなかった。
そんなふたりの間の息子・朝斗は、特別養子縁組で得た子どもだった。
幸せな生活を送っていた栗原家に、ある日、生みの母・片倉ひかりを名乗る女性から電話がかかってくる。
「子どもを返してほしい、それが駄目ならお金をください」と。
しかし、ふたりが知る片倉ひかり(蒔田彩珠)は、中学生の少女だったが、現れたのは似ても似つかぬ姿の女性だった・・・

という物語で、ふたりの前に現れた女性が本当に生みの母の女性なのか、別人ならば誰か、ひかりならば何故彼女は変わってしまったのか、というあたりがミステリー的な要素。

映画は一週間かそこいらの短い現在時制を中心としているが、そこに3つの過去の物語を挿入していきます。

ひとつ目は、栗原夫妻の不妊治療の苦闘と、特別養子縁組で子どもを手にするまで。
ふたつ目は、奈良の田舎の中学で同級生と恋に落ちたひかりが、子どもを産み、子どもを手放すまで。
みっつ目は、子どもを手放したひかりのその後。

ということで、こう書くと、栗原夫妻の前に現れた女性がひかりだとわかってしまうが、みっつ目の過去シーンで、「もしかしたら、こいつがひかりになりすましているのでは?」と思わせるような女性も登場します。
ただし、小説としてのミステリーならば、ひかり本人かどうか、というのは興味をひっぱる要素であるけれども、映画的には、その要素は余計な感じで、ふたりのもとを訪ねてきた女性の横顔を先にチラリと見せて、「なぜ変わってしまったか」だけに焦点をあてるほうがわかりやすかったでしょう。

興味深かったのは、夫妻の不妊治療のエピソードと、妊娠したひかりが両親の紹介で、特別養子縁組を斡旋するNGO施設で共同生活をするエピソード。

不妊治療のエピソードでは、是が非でも子どもを欲しいふたりの気持ちと、無理とわかった時の諦め、そして、特別養子縁組でみえてくる希望が、井浦新と永作博美のふたりをとおして切実に感じましたし、出産まで過ごす施設では、出産後に育てられないとわかっている無念さをもつひかりと、それとは逆に望まぬ妊娠をしてしまい、早くせいせいしたいと思っている女性たちとの対比が興味深かったです。

河瀬演出は、風景による心情の代弁と、逆光や単焦点で映し出される人物描写で、目にみえない内面を観る側に想像させるという手法をとっています。
が、全編が同じ調子なので、映画でかなりの尺がとられている、ひかりの恋愛描写や出産後のひかりの行動は、あまり目新しいところがなく、演出でのメリハリが効いておらず、かえってまだるっこしくなったところも多かったように感じました。

養子縁組では、養子にその事実が告げられているのかどうかもひとつの重要なキーとなることが多いのですが、この映画では、斡旋するNGOが本人への告知を斡旋の条件として挙げています。
朝斗本人もそのことは理解しており、それがエンディングでの泣かせる一言へつながるのですが、現在のシーンを描く早い段階で、観客にもわかるように描いていたほうがよかったかもしれません。
現在シーンでは、朝斗が幼稚園の友だちを遊具から突き落とした/落としていない、というエピソードが描かれるのですが、その中で、ちらりと養子バイアス(偏見)のようなものを織り込むなどで。

と、いくつか不満な点もあるのですが、2時間20分ちかい長尺を見せ切るのですから、力作といえるでしょう。

俳優陣では、井浦新と永作博美のふたりが素晴らしいですが、NGOを主宰者役の浅田美代子の存在感も特筆。
ひかり役の蒔田彩珠も力演ですが、びっくりしたのは、彼女が『萌の朱雀』でデビューした頃の尾野真千子にそっくりなこと。
監督の役者に対する嗜好は、あまり変わらないということでしょうか。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 78本
 外国映画58本(うちDVDなど19本)
 日本映画20本(うちDVDなど 4本)←カウントアップ

旧作:2020年以前の作品: 64本
 外国映画57本(うち劇場鑑賞 8本)
 日本映画27本(うち劇場鑑賞 4本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

じゃむとまるこ
2020年11月02日 10:55
力作ですが平板な感じがしました、まだるっこしくというところでしょうか。
それとエピソードの回収ができていない部分も気になりました。
優等生的作品という感じもしたのですね~。
とはいえ低い評価はしていないのですが。
2020年11月02日 23:09
冒頭の幼稚園エピソードは、どこまで信じられるかを問うものなんだろうけど、必要か?と思いました。
丁寧に描いていたけど、やはり140分は長く感じましたね。
りゃんひさ
2020年11月02日 23:25
>じゃむとまるこさん

平板に感じるのは、撮り方がどのエピソードも同じだからでしょうね。あと、過去シーンそれぞれの長さも同じくらいですし・・・ 借金の返済金、どこからなのかなぁ、佐都子がハナから気づいていて、みかねて渡したというのでもなさそうだし・・・
りゃんひさ
2020年11月02日 23:31
>トリトンさん

140分は長かったですね。
冒頭の幼稚園エピソードは、物語に直接関係ないけれども、個人的には必要だと思いました。どちらかというと、ひかりのエピソードが長く感じられました。
ぷ~太郎
2020年11月08日 00:24
前作がひどかったので、今作は良くできていたと思います。河瀬監督らしさも存分ににありましたしね。ただ、描き方にもう少し変化が欲しかったかな。特に後半のひかりの描写は前半の夫婦の描写より、もっと緩急をつけた方がよかったと思います。でも、じっくり観れていい作品だと感じました。
りゃんひさ
2020年11月08日 11:33
>ぷ~太郎さん

前作『Vision』は、なかったことに・・・
2020年12月08日 09:37
こんにちは。
私は河瀬監督の作品は初見なので、美しく繊細な画を撮る方だなぁ、と思いました。
そしてとても力作だったと思います。役者さんの力も120%発揮されていたと思います。
けれど、切ない設定ですねぇ…。
りゃんひさ
2020年12月08日 22:29
>ここなつさん

河瀬監督作品のなかでは上位に位置する作品です。きにな
気になったならば『光』『あん』がお薦めです。