『映像研には手を出すな!』TVシリーズ全12話:第1話後半で登場する空想上のアニメーションがとにかくすごい! @D…

12月に入ってアニメ作品の記事が続いていますが、最後の記事が悪口雑言のような記事なのもなんなので、観てからかなり時間がたっているのですが、もう一本、忘備録のつもりで書きます。 作品は『映像研には手を出すな!』。 実写映画も公開されましたが、TVシリーズ全12話の方です。 さて、 海にほど近い芝浜高校。 新入生の浅草みど…
コメント:2

続きを読むread more

『鬼滅の刃』TVシリーズ1~4話:幻滅の刃 @DVD

日本における映画興行収入ナンバーワンを獲得して大ヒット中のアニメ『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。 観るかどうかはわからないが、TVシリーズの続きだということなので、ならば、TVシリーズ『鬼滅の刃』を観ておくか、ということで、DVDの1巻・2巻をレンタルしました。 さて、 大正時代の頃、世には人間を食らう鬼がそこかしこに存…
コメント:2

続きを読むread more

『赤い雪 Red Snow』:三途の川を渡る被害者遺族と加害者遺族 @DVD

昨年2019年2月公開の日本映画『赤い雪 Red Snow』、DVDで鑑賞しました。 2019年・・・と書くと、なんだか遠いむかしのような気がします。 コロナカの前と後、そんな感じですね。 さて、映画。 雪深い田舎町のこと。 ある雪の日、一人の幼い男児が姿を消してしまった。 最後の目撃者は男児の兄。 ただ、男児の兄…
コメント:2

続きを読むread more

『映画 えんとつ町のプペル』:スピルバーグ的王道エンターテインメント・アニメ @ロードショウ

東宝・吉本興業共同配給でロードショウ中のアニメーション映画『映画 えんとつ町のプペル』、シネコンで鑑賞しました。 とにかく今年の冬のシネコンのスクリーンはアニメの上映数がものすごい。 興行収入歴代1位を記録した映画の他にも、ポケモン、ドラえもんといったおなじみのキャラクターたちが活躍する作品もありますし。 そんな中、チョイスし…
コメント:4

続きを読むread more

『Away』:生と死をめぐる壮大でかつミニマムな寓話 @ロードショウ

ラトビアのクリエイター、ギンツ・ジルバロディスが独力で製作したアニメーション映画『Away』、ロードショウで鑑賞しました。 12月現在では関東圏だけでの公開です。 さて、映画。 パラシュートで木に引っ掛かり目覚めた青年。 彼が気づいた周辺では草花が繁茂し、生命を謳歌している。 が、少し離れた石造りのアーチ状のゲートのと…
コメント:2

続きを読むread more

『ザ・プロム』:やはりミュージカルは劇場で観たいね! @限定公開

12月にはいってNetflixで配信が始まった『ザ・プロム』、配信前の劇場限定公開で鑑賞しました。 主演はメリル・ストリープ。 さて、映画。 ブロードウェイの人気俳優ディーディー・アレン(メリル・ストリープ)。 新作ミュージカルは、フランクリン・デラノ・ルーズベルト大統領の妻「エレノア」を主役にしたもの。 しかし、公開…
コメント:4

続きを読むread more

2020年 外国映画/日本映画 ベストテン

コロナカに見舞われた2020年も残すところ10日ほどになりました。1年を振り返る恒例企画、外国映画/日本映画のベストテン選出です。 対象作品は2019年12月1日~2020年11月30日に劇場公開された作品です。 鑑賞形式は、劇場鑑賞/DVD鑑賞のいずれでもOKとしています。 【外国映画】 1 ジョン・F・ドノヴァンの死…
コメント:4

続きを読むread more

『スキャンダル』(2019年製作):過ぎたるはなんとやら、のメイクと演出 @DVD

ことし2月に公開され、米国アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した『スキャンダル』、DVDで鑑賞しました。 監督は『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のジェイ・ローチ。 アカデミー賞に輝いたのは、カズ・ヒロ(辻一弘)。 さて、映画。 2016年の米国、巷間では大統領選の行方が話題の争点。 台風の目は共…
コメント:4

続きを読むread more

『きっと、またあえる』:「友情・努力・勝利」の普通の青春群像映画 @DVD

ことし夏に公開されたインド映画『きっと、またあえる』、DVDで鑑賞しました。 「きっと」がインド映画のタイトルに用いられることが多いのは、『きっと、うまくいく』の影響でしょうね。 さて、映画。 名門大学を卒業して成功したアニ(スシャント・シン・ラージプート)。 しかし彼の息子は大学受験に失敗し、投身自殺を図ってしまう。 …
コメント:2

続きを読むread more

『ライド・ライク・ア・ガール』:見応え充分の女性騎手実録映画 @DVD

ことし7月に公開された『ライド・ライク・ア・ガール』、DVDで鑑賞しました。 監督は女優のレイチェル・グリフィス。 さて、映画。 オーストラリアの競馬一家に生まれたミシェル・ペイン(テリーサ・パーマー)。 父(サム・ニール)は調教師、母はミシェルを産んだ後、半年後に交通事故で他界した。 10人兄弟の末娘で、上の兄姉の7…
コメント:2

続きを読むread more

『ルース・エドガー』:現在の米国を鋭く描いているが、少々まだるっこしい @DVD

春先のコロナ禍が落ち着き始めたことし6月公開の『ルース・エドガー 』、DVDで鑑賞しました。 当時、いつ公開されたの? って感じで、気づくと終了間際だったような・・・ って先の記事でも書きましたね。 さて、映画。 米国バージニア州の街アーリントン。 17歳の高校生ルース・エドガー(ケルヴィン・ハリソン・Jr.)は文武両…
コメント:4

続きを読むread more

『お名前はアドルフ? 』:やはりドイツ、ちょっと硬質すぎるかなぁ @DVD

春先のコロナ禍が落ち着き始めたことし6月公開の『お名前はアドルフ? 』、DVDで鑑賞しました。 当時、いつ公開されたの? って感じで、気づくと終了間際だったような・・・ さて、映画。 大学で哲学の教鞭をとっているシュテファン(クリストフ・マリア・ヘルプスト)と、妻エリザベト(カロリーネ・ピータース)。 今日はエリザベート…
コメント:2

続きを読むread more