『グランド・ジャーニー』:臨場感などを含め、先行作品『グース』の圧勝 @DVD


グランドジャーニー.jpg

昨年7月公開の『グランド・ジャーニー』、DVDで鑑賞しました。
製作はフランス・ノルウェーの合作。
実話をもとにし、本人が脚本化したものを『狩人と犬、最後の旅』のニコラス・ヴァニエが監督しました。
さて、映画。

フランスの一風変わった学者のクリスチャン(ジャン=ポール・ルーヴ)。
南仏カマルグで雁の研究をしており、雁の渡りの新ルートを発掘し、それを活かして、雁の繁殖拡大につなげようとしていた。
ある日、息子のトマを連れて訪れた湿地帯で絶滅危惧種の雁を発見。
種の保存、湿地の保存を目的に、人工孵化させた雁たちを新ルートで渡らせよう、それも自分が引き連れて・・・という無謀なプロジェクトを立ち上げる・・・

といったところから始まる物語。

1996年製作のアメリカ映画『グース』(キャロル・バラード監督)と似た設定で、あちらも実話がベースだった。

さすがに似たような映画はつくれない、と思ったのか、雁たちを率いて飛ぶのは息子のトマひとり。
それによって、人間ドラマの方の比重が重くなり、肝心の雁の飛行シーンが少なくなってしまった感があります。
特に、少年の飛行シーンは、空中から釣り下げた軽量飛行機を撮っているのがまるわかりで、臨場感が乏しいです。

個人的には、『グース』の圧勝ですね。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品: 1本
 外国映画 1本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2021年以前の作品: 8本
 外国映画 5本(うち劇場鑑賞 1本)←カウントアップ
 日本映画 3本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2021年01月17日 00:39
個人的には鳥の描写がもっとあるのかと思って観たのですが、それほどでもなくがっかり。「グース」の時にはワクワクしたのになあ。
りゃんひさ
2021年01月17日 11:14
>ぷ~太郎さん

やはり、鳥の描写が少なすぎですね。
2021年01月17日 21:24
「グース」を見ていないから、比較出来ないなぁ。
機会があったら見てみます。
りゃんひさ
2021年01月17日 22:58
>トリトンさん

「グース」の方をお薦めします。