『羊飼いと風船』:風船が象徴する、魂と生と性 @ロードショウ

チベットを舞台にしたペマ・ツェテン監督作品『羊飼いと風船』、ロードショウで鑑賞しました。 映画の国籍は中国。 チベット自治区は中国の自治区なので、中国の政策も色濃く滲みでています。 さて、映画。 チベットの草原地帯。夫タルギェ(ジンバ)と妻ドルカル(ソナム・ワンモ)の夫婦。 タルギェの父、ふたりの息子と羊飼いで生計を立…
コメント:0

続きを読むread more