『痛くない死に方』:痛い死に方、痛くない死に方 @ロードショウ

痛くない死に方.jpg

このところ活躍が目立つ柄本佑主演の『痛くない死に方』、ロードショウで鑑賞しました。
在宅医療をテーマにした映画です。
前置きは短く、さて、映画。

在宅医療に従事する若手医師・河田(柄本佑)。
日々の仕事に追われ、妻との仲も崩壊寸前。
そもそも河田は、「開業医への近道」という理由から在宅医師を選んだのだが、同期の若手医師たちは大学で准教授に推薦されたりしており、社会的ステータスは開くばかりだった。
そんな中であった患者は、末期の肺がんを患う井上(下元史朗)。
痛みの伴う抗がん剤治療や手術、延命治療を拒否し、娘・智美(坂井真紀)の意向も受け入れて、在宅医療を選択したものだった。
しかしながら、十分な緩和ケアも出来ず、あっという間にもがき苦しむ中で最期を迎えてしまう。
家庭崩壊のプライベートを抱えた河田の、傍でみていても「親身でない・熱心でない」と思える対応。
そして、遅れてやって来た臨終の場で、娘・智美からは決定的な言葉を投げつけられる。
「あなたを在宅医に選んだわたしの心が痛いんです・・・」

というところからはじまる物語だが、記したところまででほぼ映画の半分程度まできています。

とにかく、もがき苦しむ患者の姿が痛ましく、それを在宅で看護する娘の姿がつらい。
かなりのリアルさで、井上演じる下元史朗の肉体は、やせ細り、弱弱しく、本物の患者と見紛うばかり。

落ち込んだ河田は、在宅医療の先輩・長野(奥田瑛二)に相談し、その際、呼吸に苦しむ井上のビデを映像をみせるのだが、長野はその映像をみて、「自分なら、慢性閉塞性肺疾患(COPD)を疑う」と言う。
また、「大病院が出したカルテは疑え。在宅医はカルテではなく、患者そのもの、ひとをみるんだ」とも忠告する。

井上の死に責任を感じた河田は、智美のもとを訪れ、焼香するとともに平身低頭で謝り、悔やむ・・・
そして、長野が主催する在宅医療センターで働き、2年後に出逢ったのが、末期の肺がん患者である本多(宇崎竜童)だった・・・

前半の井上の在宅医療が、理想からほど遠い姿だとすると、後半描かれる本多の姿は、理想の在宅医療だといえます。

医師も、患者のすべて、ひとを診(み)、患者も死ぬことを受け容れたうえで、医師に託す。
本多の妻(大谷直子)、在宅看護師(余貴美子)も含めて、まさに理想的な関係のように感じました。

前半の厳しさ溢れる演出から一転、和やかな雰囲気を醸し出しているのが、本多が詠む在宅医療川柳(もどき)で、要所要所で画面上でオーバーラップされます。
そのとぼけた句も心を和やかにさせます。

なかなか、このような理想的な死に方はできないだろうなぁ、とは思いますが、そういう理想的な死に方をみせてくれるあたりに、ある種の安ど感を覚えました。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

<追記>
在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏の『痛い在宅医』『痛くない死に方』をモチーフにした映画ですが、その長尾和宏を撮ったドキュメンタリー映画が『けったいな町医者』。
こちらも機会があった観てみたいです。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品: 7本
 外国映画 4本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 3本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ

旧作:2021年以前の作品:16本
 外国映画12本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画 4本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2021年02月28日 18:24
この作品、良かったですね。後半のような看取りは理想だと言ってしまえばそれまでですが、それでも観ていて同様に救われる感じがしました。でも、介護ベッドが置ける広さがある家で、そばで介護してくれる家人がいて、という条件だけでも難しいことが多いのが現実ですね。
りゃんひさ
2021年03月01日 17:54
>ぷ~太郎さん

そうですね。実際に在宅医療を受けるにも、余裕のある住空間は必要ですね。
じゃむとまるこ
2021年03月17日 21:49
こんばんは。
観ました。
京都シネマほぼ満席でしたとはいえ60席くらいですが、京都シネマはこういう映画に強いです。

前半は怖かったです・・・私の母の”死”はまさにあの通りでした。
後半、理想の死、宇崎竜童さんは高橋伴明さんを演じているという気がしました。
全共闘世代の最後、大谷直子さんの雰囲気は高橋惠子さんに似ています。
高橋伴明さんが願う理想の死にかたが描かれていると思いました。
理想の死とは苦しまず痛くなく枯れるということでしょう。
老衰(枯れる)が一番楽な死に方だと思います、回復の見込みがなければ老衰でなくとも老衰の状態に持っていく、チューブにつながれての延命はそれを妨げ苦しませるだけというのはよくわかります。

映画そのものより、大半が高齢観客なのだけれど、みなさんどういう思いでスクリーンに向かっていらっしゃるのかと気になりました。
りゃんひさ
2021年03月17日 22:56
>じゃむとまるこさん

なるほど、後半部分の宇崎竜童が演じる老人は、監督の高橋伴明そのもの・・・ 納得です。
「最後の全共闘」は、『罪の声』の宇崎竜童にも通じますね。